ASIA CROSS COUNTRY RALLY 2012 アジアクロスカントリーラリー AXCR2012

アジアクロスカントリーラリー2012 に関する情報を発信しています!

ASIA CROSS COUNTY RALLY 2012

2012年の春に始まったこのブログも、1年以上かけて無事ゴールを迎えることが出来ました。

途中で何度もくじけそうになりましたが、こうして最後まで書くことが出来たのは、励ましてくれたり、おしりをたたいてくれた、大勢の仲間の支えのおかげです。




続けていれば、書くのをやめなければ、きっといつか終わりがくるとは思っていましたが、

本当にその日が来るのか?とも・・・。


その一方で、こうやって一話一話大事に書き上げるスタイルで書いてみたかったってのもあるし、

書き終わることで私のラリーが本当に終わってしまうんだ、という気持ちもこみ上げてきて。


ラリーを終わらせたくない。

惜しむ気持ちで、後のばしにしてしまっていたところも無きにしも非ずかもしれません。







期待して待っていた皆さんには、期待通りのラリーブログではなかったかもしれません。

ごめんなさい。




競技者として参戦しながら、自分が経験した、見てきたラリーだけでなく、

色々な人からもらったデータを切り貼りして仕上げるのは、予想以上に困難でした。



競技中はチームの一員としての役割を果たすことが第一!で

レポートはその次!でやってきましたからね~。

だから、撮りたい写真も撮れなかったし、撮る頭もまわりませんでした。


それだけ、私が競技に集中していたともいえるし、その心構えがあったというこですが、

それだけ不器用でもあった、ということでしょうか・・・。



でもこれが、私のアジアンラリーの全てと、

私に協力してくれた仲間の2012年のアジアンラリーです。



不十分かもしれませんが、この時のラリーの記憶を少しでも留めておきたいという思いと

こうしてデジタルな記録として残すことで、何年たっても色あせないものにしておきたかったのです。





このブログを書くに当たって、協力してくれたみなさん、本当にありがとうございました!!


皆さんの協力なくしては、このブログを書き上げることは出来なかったでしょう。

感謝しています。




さぁ!感傷に浸っている余裕も無く、もう次のラリーが始まっています!

2013年のアジアンラリーに参戦する皆さんの健闘を祈ります!!












DSC_1388




Rally Report ①

Rally Report ② 8/8

Rally Report ③ 8/9

Rally Report ④ 8/10

Rally Report ⑤ 8/11

Rally Report ⑥ 8/12 LEG1-1

Rally Report ⑦ 8/12 LEG1-2

Rally Report ⑧ 8/12 LEG1-3

Rally Report ⑨ 8/12 LEG1-4

Rally Report ⑩ 8/12 LEG1-5

Rally Report ⑪ 8/12 LEG1-6

Rally Report ⑫ 8/13 LEG2-1

Rally Report ⑬ 8/13 LEG2-2

Rally Report ⑭ 8/13 LEG2-3

Rally Report ⑮ 8/13 LEG2-4

Rally Report ⑯ 8/14 LEG3-1

Rally Report ⑰ 8/14 LEG3-2

Rally Report ⑱ 8/14 LEG3-3

Rally Report ⑲ 8/14 LEG3-4

Rally Report ⑳ 8/14 LEG3-5

Rally Report 21 8/14 LEG3-6

Rally Report 22 8/14 LEG3-7

Rally Report 23 8/14 LEG3-8

Rally Report 24 8/15 LEG4-1

Rally Report 25 8/15 LEG4-2

Rally Report 26 8/15 LEG4-3

Rally Report 27 8/15 LEG4-4

Rally Report 28 8/15 LEG4-5

Rally Report 29 8/16 LEG5-1

Rally Report 30 8/16 LEG5-2

Rally Report 31 8/16 LEG5-3

Rally Report 32 8/16 LEG5-4

Rally Report 33 8/16 LEG5-5

ASIA CROSS COUNTY RALLY 2012


c32ff775-s[1]

またタイにも行きたい!!
Minako Nishinaaxcrコメント(18)トラックバック(0)   mixiチェック

Rally Report 34 8/17 

ラリーの表彰式も終わり、余韻を十分楽しんだら、翌日は、タイへ移動!

ですが、移動までの僅かな時間をぬって、アンコールワット見学です!







私はアンコールワット見学に向かう道すがら、川脇選手、井入選手にインタビュー!




仁科「ただいま、アンコールワットに向けてこのトゥクトゥクみたいのに乗って移動していますー」


川脇・井入「イエーイ!」


川脇「グッドモーニング!」


仁科「昨日の(ラリーの)話を聞いてなかったので、聞いてもいいですか!?」


井入「はい!100(メートル)先、穴!!(笑)」


仁科「(笑)昨日のドライバー、井入選手、どうでしたか?」


井入「昨日はこれより乗り心地悪かったなかなぁ」


川脇「これ、乗り心地ええね!」


井入「このリーフいいね!」


川脇「来年は足回りはこれにしてもらいましょう!」


井入「短かったけど、楽しかったですよ!」


仁科「昨日の70㎞あっという間でしたね。全体通して、振り返ってどうでしたか?」


井入「もうちょっと走りたかったねぇ」。


川脇「もうあと2日、1ステージずつ走りたかったね」。


井入「そうしたら、順位があと10位ぐらいは成績が上がってたね」


仁科「うん、上がってる!上がってる!」。


川脇「色んな小細工してね(笑)」。


井入「そうそう(笑)」。


仁科「やっぱり走り足りないですよね~」。


井入「2日ずつやもんね」。


川脇「他のドライバーの半分やもんね」。


仁科「やっと、クルマと路面に慣れたところで終わりって感じでしたもんね」


井入「正直、そんなとこかな」。


仁科「もっと走ってみたかった、と」。


井入・川脇「そやね」。


井入「でもまぁ、一回目やし、いい経験やった」。


仁科「楽しかったですか?」。


井入・川脇「楽しかった!」


仁科「楽しかったですか!ヨカッタ~!!」。

(私にとってはそれが一番の関心ごと!!楽しかったって言葉が聞けて良かった!!)


川脇「ナビがしっかりしてたからやね」。


井入「そうやね」。


仁科「(笑)もっと言って!もっと言って!!」。


川脇「ホンマ助かったわ」。

井入「奴隷のようにね、ナビの言うこときくだけやし」。


川脇「そうそう」。


仁科「私は猛獣使い言われていましたからね!」。


川脇「行け行け~!GoGo!ってどっちもジェットコースターに乗ってるみたいやったし」。


井入「まぁ、上手くいって良かった」。


仁科「こちらこそ、ありがとうございました!本当にお世話になりました」。


川脇「仁科サマサマやったな」。


井入「ありがとうございました」。


仁科「ありがとうございました!」。




アンコールワットは3度目ですが、相変わらず感動です。

DSC_1404

短時間でしたが、堪能しました!!



そして、アンコールワットからホテルに戻るトゥクトゥクに乗りながら、またもやインタビュー!









仁科「今回のレースで得られるものはありましたか?」。


川脇「得られるもの?」。

井入「やっぱり~、舗装してない道はスベルってことかな」。


川脇「あと、穴ぼ入ったら痛いってことかな。痛感したよね」。


井入「あと、クルマって川を渡れるんだなって」。


川脇「無いもんね。たぶん、僕らがいつも乗ってる車だったら水没やわ」。


井入「川は渡るもんじゃないって思ってるからな」。 


川脇「川を渡るのは船や!」。


川脇「あと、きっちり作った車は丈夫やね。あんだけの道をいってもあれだけロールバーが入ってたら5日間走りきれるんやね。ウチらの車なんて、大きなトラブル無いもんね。それがすごいな~と思いましたね」。


仁科「ほぅほぅクルマがこんなところ走れるのかっていうことを知ったと。

・・・えー、もうちょっとカッコいいこと言ってよ~!!」


川脇「えー、かっこええこと?」。


井入「なんやろ。まぁ、ダート走ってる人の中には気ぃ狂ったような人もいるんやなってことかな(笑)」。


川脇「せやね」。


仁科「ますますダメじゃん!(怒)」

川脇「ゼッケン15の人やね。15の人はホンマ同じクルマとは思われへんような乗り方してたよね」。


仁科「15の人とは基本的に同じ車でしたよね。ってあぁ、15の人、後ろで曲芸みたいなことしてますよ!」


井入「15の人、ちょっとおかしいからね。やっぱあれくらいじゃないとアクセル踏まれへんねん」。


川脇「そうそう。で、さっきも言ったけど、脳みその中に単気筒の安物のエンジンが何個もついてて、どれかが動いってる。そういうマルチシリンダーがついてるんやね」。


仁科「なるほどね、それくらい入れとかないとダメだってことが分かったと、って意味が分からない!!(笑)」。


井入「それが一番の発見かな」。


仁科「じゃぁ、二番は無いんですか!?」。


井入「二番は、せやねぇ。ないねぇ。その衝撃が大きすぎて」。

川脇「せやね」。


仁科「もぅ、だめじゃーん!!(笑)」。












だめじゃーんって言いながらも、こうしてブログにアップ!!


要約すると、二人はラリーに満足したってことでいいでしょうか?


この動画から、競技が終わった翌日のリラックスした様子が伝わってますか?

3人のチームワークも良かったし、お互いに楽しい時間を過ごせたっていうのも感じ取れるでしょ?



こうして、私たちのラリーは笑いとともに終えることが出来たのでした!!






ホテルに戻って荷物をまとめ、タイに戻ります!



DSC_1405


つい、数日前に超えたタイ-カンボジア国境を再び超えます。

DSC_1407


タイに入ると、本当にラリーは終わっちゃったんだな~て感じ。

でこぼこ道を走ってカンボジアまで来ましたが、帰りは舗装路でビューンです!














最後の最後まで油断ならないのがアジアンラリー!?




タイに入り、しばらく走っているとハンドルを握っている川脇選手がいち早く、

クルマの挙動がおかしいのに気付きました。


そこはさすが、野獣の勘!?


確認のため、クルマを道路の脇に寄せようとした瞬間!!

!!!!!


音も無く、クルマの左側を黒い影がものすごい勢いで駆け抜けていきました!!


「今の何???」


と思った瞬間に、リアから異音が!!



慌てて見てみると



「タ、タイヤが無い!!!?」



無残にもタイヤを失った車体は、ドラムブレーキの金属部分を舗装路に接触させながら走っているのが目に飛び込んできました!


ってことは、さっきの黒い影は!!???






タイヤだー!!!




なんと、リヤタイヤのナットのまし締めが甘かったらしく、タイヤが外れてラリーカーを追い越し

道端の草むらへと転がっていったのです!!










びっくりしたー!!!




先を走る青木選手に連絡を取りレスキュー要請!

通りがかりのおっちゃんも手伝ってくれて、なんとか事なきを得たのでした。。。





DSC_1412




いやー、本当に大事に至らなくて良かった!!


ラリーは最後の最後まで気が抜けませんね!!



川脇選手いわく

「最後に抜かれたから総合12位じゃなくて13位やなぁ!」


だって!


つづく


Minako Nishinaaxcrコメント(4)トラックバック(0)   mixiチェック
カテゴリ: Rally Report 

Rally Report 33 8/16 LEG5-5

レースが終わった夜は、オフィシャルホテルで表彰式です!

ステージではカンボジアの民族舞踊も行われて、盛り上がってきました!



IMG_4714


IMG_4719

各テーブルでは、競技者たちがラリーの話で盛り上がっています。

みんな笑顔がピカピカしています。



パタヤの海辺でスタートしたのが、ずっと昔のことのようです。



私としては、川脇選手、井入選手にラリーを楽しんでもらえたかどうかが一番の関心ごと!



その件に関しては、ちゃんとコースも走れたし、車もそれほど壊れなかったし

(大きな)ミスコースも無かったし、おおむね楽しんでもらえたのかな~とは思いつつも

ちょっと心残りな部分もあったりして。

そんな気持ちが残るからこそ、またラリーに行きたくなるし、そこがラリーの魅力のひとつなんでしょうけど!











アジアンラリーに参戦した私たち女性陣は、日本の民族衣装?浴衣で表彰式!

Roslynにも浴衣を着てもらいました!

(チャイナドレスを着てもらうという案もありましたが・・・)

IMG_4710


ロスリン選手、お人形さんみたいですねぇ!



私はこの日のために浴衣を着る練習を何度したことか。。。



IMG_4716


着付けを習っているエリちゃん、さすがの着こなしです!!






と、ここで突然のスコール!!!


宴たけなわではありましたが、急遽室内へ移動して表彰式が行われました~!




613[1]

左から1位

#13 HOT BITS THAILAND BY KEEN

Nuttapon ANGRITTHANON
Kittisak KLINCHAN選手!


中央は2位の

#2九州男児
KINYA MORIKAWA&Masahiko UCHIDA 選手!


そして向かって右は3位の

#12 
Chamnan ON-SRI&Cholanat PHOPIPAT選手!





P1000201
チームナイラン

T2ディーゼルクラス優勝

プレゼンターの女の子は、ゴールゲートのトコにもいた子でしょうか?

カンボジア美人ですね!!


618[1]
T1 ガソリンクラス優勝
FLEX GEOLANDAR Show Aikawa World Rally Teamの#16 寺田選手、茅原田選手。




P1000207

ガレージモンチのパジェロ号は、特別賞受賞!


本当にみんな良くがんばっていました!!






そろそろ表彰式も終わりかな、と思っていたときに!!


「ニシナー!ニシナー!呼ばれているぞ~!」


賞とは無縁と思われていた私が、名前を呼ばれている?



IMGP2709



AM1H0591[1]

なんと!!!

チームメイトのRoslynとともにスペシャルアワードとして、レディース賞をいただきました!!

ラリーで賞をもらうなんて1999年以来!

ありがとうございます!!!




表彰式は終わりましたが、参加者一同は席を立つことなく、

いつまでもラリーの余韻に浸っていました。

IMG_4730




IMG_4720


サイン大会もこのタイミングで!

IMG_4734

青木拓磨選手にサインをもらうチームナイラン 伊藤選手!

あれ?「あいかわ・・・」って書かれてない!?



こうして、大爆笑とともにラリー最終日は終わったのでした。










このブログはもう少し続きます

IMG_4745

Minako Nishinaaxcrコメント(1)トラックバック(0)   mixiチェック
カテゴリ: LEG5  Rally Report