ASIA CROSS COUNTRY RALLY 2012 アジアクロスカントリーラリー AXCR2012

アジアクロスカントリーラリー2012 に関する情報を発信しています!

ガレージモンチ参上!


アジアンラリー2011でアドベンチャークラスに参戦したガレージモンチ!

詳しくはこちら



2012年は満を持して、コンペティタークラスに参戦します!


しかも!!


パジェロとジムニーの2台体勢!!!



120322_1345~01 (1)


314193_195397647240272_100003101140358_342139_811901575_n[1]





さらに!


まだどのような体制で参加するかは決まっていませんが、
ガレージモンチとして大勢でタイに乗り込む予定です!

その中には、去年アドベンチャークラスでラリーに参加した井原さんも!!


えりりん


そんなモンチのメンバーに突撃インタビュー!


今回、インタビューに答えてくれたのはジムニーで参戦する竹野さんと、

竹野さん





パジェロで参戦する西村さんです!


西村くん




今年はどんな体制で参加するんですか?



竹野「僕がジムニーで柳川君と参戦します!」。

f4ec91a2[1]


西村「そして、僕、西村はパジェロで『ミッチ!オートサービス』の道畑くんと参戦します!」。


P1001511
ジャンレノ似のミッチ!こと道畑さん。



目標は?


西村「初めてなので、無事に走りきって日本に帰ってくることが目標です」。

竹野「僕は楽しむこと。以上!」。

西村「じゃぁ、楽しかったら日本に帰ってこられなくてもいいの?」

竹野「・・・。したら電話だけちょうだい。寂しいんで」。




ガレージモンチのメンバーは、日本国内で開催されている、
最大規模のオフロード競技、
トライアングルジャパンファイナルの
アンダー7100クラスで2010年に優勝し、
その副賞としてアジアンラリーアドベンチャークラスに参加しました。


*アドベンチャークラスとはラリーを体験できるツアークラス。競技ではりません。
詳しくはコチラ

トライアングルオーバー7100クラスはコンペティターとしてアジアンラリー参加権が与えられました。

正直、アドベンチャークラスじゃなくて、コンペティター(競技者)として出たかったんじゃないですか?



西村「物の取りようだと思うよ。僕らはアジアンラリー自体知らなかったわけだし、
連れて行ってもらえただけで、今思えばありがたいですよね」。


ラリーを知る機会になりましたからね!

もし2011年もアンダー7100クラスで優勝して
アドベェンチャークラスの参加権をゲットしていたとしたらどうですか?

西村「今はアドヴェンチャークラスじゃなくてコンペティターとして行きたいですね」



なるほど ラリーを間近に見てしまいましたからね!


西村「まぁ今回はトライアングルで優勝出来なかったから、そんなことも言えないんだけどね(笑)」。

竹野「西村達が、一昨年、優勝してくれたおかげで、
僕らも一緒に行こうってなったわけだし、あれが無かったら今が無かった。
だから今年ラリーに出ようって話になったし、色んな人とも出会えたし。

もし、去年いきなりコンペに出ていたら、
それで満足して今年のこれは無かったかもしれないわけだしね」。

そうですね。こうやって挑戦していくってことも無かったかもしれませんよね。
去年をステップにして今年があるってことですね。

ジムニー界の大御所、二階堂さんも取材に来たそうですね。

Jimny SUPER SUZY (ジムニースーパースージー) 2012年 04月号 [雑誌]
Jimny SUPER SUZY (ジムニースーパースージー) 2012年 04月号 [雑誌]



竹野「そうなんです。こうやって自分達が動いたことで、色んな事が変わっていくよね」。




で、どうしてラリーに出たいと思ったのですか?


西村「走っているのを見て、カッコ良かったから!」

竹野「純粋に走りたい!って思ったね。
普段、僕らは出て楽しんでいる側にいるからね。それは出たくなるでしょ」。

西村「そうそう」。

竹野「それに、アジアンラリーにはダートもあって、クロカンもあって、オフロードの要素が全部あるでしょ。
だから、僕はそれを見て『ラリーカーを作ってみたい』っていう気持ちになった。
自分が作ったクルマがちゃんと完走できるのか、とか。

俺はジムニーが好きなんですよ。

アジアンラリーにはジムニーが出ていなかったから、ジムニーで出てみたいって思った。それだけ」。

今年のアジアンラリーでは、竹野さんの作ったジムニーが、
ラリーに立ち向かっていく姿を見られるわけですね。


では西村さんは?



竹野「西村には、夢があったんですよ」。

西村「僕は、もともと整備士の学校を卒業した整備士なんですよ。
19の時の夢は整備士としてラリーに出ることでした。

そのきっかけがWRC。
スバルのインプレッサを見てWRCのメカニックになりたいって思ったんです。

だから、一番初めに乗った車はインプレッサだったし」。


そんな夢があったのですか!


西村「でも、ドライバーって意識は無かったな。
クルマをいじるのが好きだっただけで。


SH3J02340001  SH3J02330001
今も夜な夜なラリーカーのパジェロの整備に励んでいます。




ドライバーとして出るなんて考えてもいなかったのに、
去年のラリーに行ったことで、こんなことになるなんてすごいなって思っています」。

竹野「まさか、国外のラリーに出るようになるなんてな。

子供のころパリダカをテレビで見てて、
カッコいいなーって思っていたことはあったけど、
ただ、思っていただけだったのにね」。

それにしてもラリー参戦ってすごいことですよね。


西村「俺ら、そこまで深く考えてないから。

『行くでしょ?』『行く行く。面白いし』みたいな感じですよ。
僕たちガレージモンチはそんなメンバーの集まり。楽しい欲に弱い人たちの集まりだから」。



竹野「モンチのメンバーで井原さんや中村君なんかは
サービスで来てもらいたいって思う気持ちもある。

でもせっかくだから、自分らが楽しんでもらえる形で関わってもらえればいいなって思ってるよ」。


井原「うん。何か手伝いが出来たらいいな」。


井原さんは、去年アドベンチャーに行って、ラリーがどういうものかっても分かっているし、
一緒に行ってくれれば助かる、強力な仲間になりますよね。


井原「あとは心の癒し係かな」。


西村「疲れるんだよね~、井原をかまってると(笑)」。









話はまだまだ尽きませんでしたが、今回はとりあえずこれくらいで!

こんな感じでアジアンラリー中も楽しく過ごすであろうことが目に浮かぶインタビューでした。




では、最後に一言!


竹野「ガレージモンチは何の取り柄もないけど、
いかに周りを巻き込んで楽しむかだって思っています。

少人数よりも大勢でできたら、もっとおおもしろいことができるやん、って。

楽しいことが大好きっていう集まりがモンチなんです」。


西村「仕事せーよ!ってか(笑)」






ガレージモンチ参上!


ガレージモンチの皆さんは、相変わらず明るくて楽しい仲間でした!

いち早くラリー参戦を宣言していたガレージモンチ!
(去年のラリーLEG2の時点で「来年は参戦だ!」と宣言していた)

今年のラリーで台風の目となるか!?
こうご期待!


Minako Nishinaaxcrコメント(0)トラックバック(0)   mixiチェック
カテゴリ: ガレージモンチ  AXCR2012 

インドチーム参戦!

AXCR2011にインドから初参戦した
Mr Sanjay TAKLE /Mr Musa SHERIF組!

620f2a15[1]






IMG_6305






見事総合6位、T2Dクラス優勝を手にしました!


289bb1ec[1]


アジアンラリーは初参戦でしたが、実は彼らは世界中のラリーに参戦しているのです!

彼らとはフェイスブックでお友達なのですが、この半年ぐらいの間だけでも
ラリーの表彰台に上がっている写真が何度もアップされています。

インドの方々にとって、このアジアンラリーは憧れのラリーという話も!?


なんと、今年はそのインドから6チームほどエントリーするという噂です!


これは手ごわい相手になりそうですね~!


Minako Nishinaaxcrコメント(2)トラックバック(0)   mixiチェック
カテゴリ: うわさ話  AXCR2012 

AXCR2012 スタートエリア

皆さん気になっているAXCR2012のスタート地

公式サイトにはバンコクスタート、
年頭のコップンナイトで配られた資料にはサケオスタートになっていましたが

今年のスタートがパタヤになる可能性があるとの噂も!!


パタヤといえば、タイ有数のビーチリゾート!

IMG_4045







観光客も多く、毎晩お祭りのような賑わいを見せています!!


IMG_3719


IMG_3724


パタヤスタートだった去年のラリーは、
スタートゲートがパタヤのウォーキングストリートに設置され
それはそれは盛り上がりました!!


IMG_4487



IMG_4619

もし、パタヤスタートになったら、ラリーの楽しみが増えますね~!
Minako Nishinaaxcrコメント(13)トラックバック(0)   mixiチェック
カテゴリ: うわさ話  AXCR2012