今年のアジアンラリーに参戦するTEAM NAIRAN!

ドライバーの伊藤選手はアジアンラリー経験者であり
そのノウハウを生かした車づくりを実践しています!

その様子が伊藤選手のブログに掲載されていますよ!
http://blogs.yahoo.co.jp/yoshiro8274/65323343.html

このブログでも紹介したいので、一部内容を紹介しますね!

*******************

いよいよ アジアンラリー2012まで2ヶ月
出場できるカタチに成ってきました。

 img_469118_65323343_0

外見上はタイにドコにでもいるフツーのいすゞD-MAX。  
シュノーケルも洪水の多いタイではよくあるカスタムです。
ラリーカーではない、普通の生活四駆にも付います。
 
タイでマッドフラップがついている車はあまり見かけません。
ランサーやインプレッサとかのWRC風カスタムがオシャレで付けてるぐらい。
 
 2

マッドフラップ以外フツーなのでタイで走っていても全く目立ちません!

伊藤選手、過去3回のAXCRの出場から得た経験でD-MAXのカスタムを考えました!

 3

まずはフロント周り!

牽引フックを左右に2つ装着。
 
経験上① 

バンパー下部に純正フックは付くのですが“いざ必要な場面”では
泥に埋もれていて使えないのはよくある話!
このようにフロント前面に出すことによって、上にも吊れます!!

ウインチは ヒッチマウント方式にしています。
ウインチ常時積載位置はリアベッド。
フロントはバンパー中央部にヒッチマウント設置。

4
 
経験上② 

いざウインチを使うという時、前より後ろに牽きたい時の方が多い!
 ミスコースして穴に落ちたとか・・・
そういう緊急性の高い場面です。
そのまま荷台のウインチでバックしてコース復帰可能!

前方に牽かなければならないような場所はスタックポイントなので他の
競技車両も皆が進まないので…渋滞してる。
そういう場面は荷台からウインチを降ろしてフロントへ移動設置してから作業でもOK

5
 
エンジンキルスイッチは レギュレーションに則りボンネットに左右2箇所設置
 
伊藤選手の会社のレーザーカット機&自転車のブレーキワイヤーで格安自作!

キルスイッチを示すステッカーの方が高かった!  

6
 
リヤ周りのカスタムは、フロントと同様に牽引フック左右2箇所設置。
 
ハイマウントマーカーランプの追加設置(レギュレーション上必要です)

今どきのLEDランプです。
 
経験上③ 
 

ハイマウントマーカーランプ取付箇所から雨漏りする!
 
防水仕様のLEDにしてボディー取り付け部分にコーキング処理←LEDは電球交換しないから! 


7


ウインチの積載場所はココ!
 
そのままリヤに牽くことも可能。やる気になれば上にも牽ける!
 
 
 8

 過去パリダカに参戦した車だけに、車内はガッチリとロールバーが・・・


9
 
ラリーの生命線ラリーコンピューターは「TWIN TRIP」
 
過去3回使用したものを今回も借ります ※ちなみにワタクシ、仁科の私物!

TWIN TRIPの良いところは、シンプルで使いやすい。

何よりコマ図を作っている車でも使われている。

コース試走でも使われているって事が重要ですね。

車速信号は車両パルスを変換して入力。

予備でウルトラの多機能モニター  

こちらの車速信号はドライブシャフトの回転をセンサーで拾ってます。
 

経験上④

ラリコンは動かなくなる

原因は発電系の異常や車速センサーの異常。

ラリコン本体の故障よりも車体側のセンサートラブルによる事が多い。

なので、車速信号は2系統別けました。

最悪の場合スマホナビでGPS拾ってもナビできますが・・・ 
 
緑のスイッチ2つはホーン&ウォッシャーです(ナビが操作する) 
 

10

追加の計器は電圧計&水温&ブースト圧
 
経験上⑤

レース中は計器類見ている余裕はない、取り付け箇所がトラブルの原因になりやすい! 
 
そうは言っても 必要最小限は付ける。
 
発電系のトラブルが多い

川渡りでオルターネーターがダメになったり。

バッテリーが死んだり・・・←パジェロ毎回でした。
 
オーバーヒートも多い

ラジエーターがドロで詰まる

D-MAXは水温が上がり易いとの情報もあるので・・・

水温計のセンサー取り付けはラジエーターホースに巻きつけただけ

余計な配管付けるとトラブルの元なので・・・
 
 

********************************

うーん。

さすがによく考えて作られていますね~。

ちなみに、このようなデータもいただきました!

用意するものなどの、チェックリストです。

IMG_0001



IMG_0002

黄色いマーカーが引いてあるところは準備済み!

これだけイロイロと細かい準備をしているのですね~。