今年のアジアンラリーにメディアで参加するJ-OFF山本編集長!

その山本編集長がFLEXジオランダーSHOW AIKAWA WORLD RALLY TEAMの
ラリーカーの撮影に行ってきました!

http://minkara.carview.co.jp/userid/258675/blog/27100180/

その様子がブログに紹介されているので、このブログでも紹介させていただきまーす!


******************




2011年8月11日。

場所は世界遺産アンコールワット。

アンコールワット内に作られたアジアクロスカントリーラリーのゴールに、
初参戦のマシンがあった。


俳優・哀川翔率いる「フレックスジオランダー哀川翔ワールドラリーチーム」の
2台のFJクルーザーだ。




f722f89ba4

ゴールのポディウムを越え、2011年のアジアクロスカントリーラリーは終了した。


そして、

その瞬間から2012年のアジアクロスカントリーラリーはスタートした。


ラリー終了後、
哀川翔氏はダウンタウンDVとったTVを始め各メディアで、
アジアンラリーの思い出話に花を咲かせた。


ラリーカーは、
東京オートサロンほか全国各地のカスタムカーショーで展示された。


82e6b06310


レースマシンは、ただ単に着飾ったカスタムカーとは一線違うオーラを発する。

綺麗には洗われているが、ラリー中についた傷はそのままだ。

その傷が過酷さを物語る。


東京オートサロンには哀川翔氏も駆け付け、
また哀川翔氏自身が東京オートサロンのPR大使を務めるなど、
フレックスブースは一層盛り上がりを見せた。


年初のカスタムカーショーも終え、話題の中心は今年の活動に移る。


今年のラリーには参戦するのか?

どんなチーム体制なのか?






いろいろな憶測が飛び交う中、2012年6月7日。

その内容が発表される。


場所は東京お台場・MEGA WEB。

発表ステージとして、申し分ないところである。


発表となったのは、
「Be a HERO プログラム~JRC前日本ラリー選手権」

「アジアクロスカントリーラリー2012」

「パイクスピークインターナショナル」の

この3つのカテゴリーへの挑戦だ。

5e03d62696


アジアクロスカントリーラリーへの体制も発表となった。

2011年はタッグを組んだ哀川翔/奴田原組が、
1号車:哀川翔 2号車:奴田原の両ドライバーとなり参戦となった。


しかしだ。


7月初旬に予定されていた「パイクスピークインターナショナル」が、
山火事により延期。

日程が「アジアクロスカントリーラリー2012」と重なってしまったのだ。

そのため、大きく体制が変更されている。


正式な発表はまだないが、
それとは並行してラリーカーの最終準備に取り掛かっている。

2年目となるFJクルーザーは、
去年のベース車があるので、すでに完成の域に達している。

大きく変わったのは、そうカラーリングかもしれない。



463e8ed6e6


そして、今年はサポートカーが1台加わる。


それがハイエースだ。


ea7b65fab0


ラリーはラリーカーだけが走っているのでない。

ラリー中のメンテナンスなど、ラリーカーと行動を常に共にする。


言い換えれば、
サポートがあるかないかで大きく状況が変わる。


そこに1台のハイエースを投入。
ボディが大きいため、サイドを飾る「FLEX」の文字が一際印象的だ。


今回は、最終準備中のピットに伺った。

そしてシッピング前の最終段階の写真を撮影。


3台並ぶ姿は圧巻だ。


想像してみてほしい。

これがタイの街を、タイのジャングルを、

そして世界遺産アンコールワットを走る姿を。

af26e5f31b


最終準備中ということで、細かな箇所の撮影ができなかったが、
それはタイの現地で行なってみたい。

その時にはゼッケンも貼られた、完成形になっていることだろう。


5015fb178b



アジアクロスカントリーラリーは、
8月12日にタイのリゾート地パタヤを出発。

15日はタイから陸路でカンボジアへ。

そして16日にはアンコールワットでゴールを迎える。


アジアクロスカントリーラリーの情報は、

http://www.ortev.org/axcr/


フェイスブックは

http://www.facebook.com/AsiaCrossCountryRally


ラリー関係の状況は

http://axcr2012.ldblog.jp/


ワタシ(山本編集長)のフェイスブックも見てね!


http://www.facebook.com/#!/kazuhiko.yamamoto.16

ではでは。。。ぜひ、アクセスを。


********************************

さすがですね!

今年のアジアンラリー、山本編集長の写真と記事も楽しみですね~!