MAP

LEG2

8月13日の日程です!

この日はパタヤから国境の街、サケオへ移動する日ですね。
朝からチェックアウトやら、スーツケースをサポートトラックに積んだりするので、
余裕をもって起きましょう!

時間があれば、こんな写真が撮れたりしますよ!
IMG_5675
AXCR2011


昨日のSSのタイム順がスタート順になります。

7:30 一番スタートのクルマがSS2のスタートポイントに向けてホテルを出発します!

大体、スタート時間の1時間から遅くても30分前にはラリーカーのところにいて
ウォッシャー液を入れたり、窓を拭いたり、荷物の固定をしたりしてましたね。

そうそう、ラリー中はウォッシャー液がすぐなくなるんですよね。

毎日、何リットルも補充してた。

あと、泥でウォッシャー液のノズルが詰まることもあるから

それようの針金を用意したりしてた!




そこから120km先のPrachinburi(プラチャンブリ)まで2時間30分で走ります。

Prachinburiは去年のLEG2の宿泊場所ですね。

もしかしたら、去年のLEG3と同じようなところを走るのかもしれませんね。




10:00 ラリーカー到着!
 ナビは、タイムコントロールに行って、タイムカードのチェックとかします。


IMG_6380
AXCR2011


 アジアンラリーのタイムコントロールは、道沿いにビーチパラソルとテーブルがあって
 そこに係りの人がいます。その5分後にSSがスタートします!


IMG_6382-1
AXCR2011

10:05 SSスタート!

250kmの距離を5時間30分以内で走りきらなければなりません!

1番スタートのクルマだと15:35分までにゴールしなければならないんですね。

IMG_5960
AXCR2011 LEG3





ただ、おそらく途中でPCがあると思われます!

給油もしなきゃだし、お昼も食べたいしね。

IMG_6357
AXCR2011 LEG3











メカニックはドライバーが休憩している間に、車のチェック!

IMG_6341
AXCR2011 LEG3


この表を参考に、仮に3時間25分でSSをゴールしたとして

13:30 SSゴール!



そこから次の宿泊地であるサケオのホテルまでは、100km。2時間で走ります。

ホテルに戻るまでの間に、洗車をしたり
車が大きく壊れたしまったりすると、整備工場などに車を入れて溶接してもらったり
必要なパーツ類を買い探したりする必要があります。





ちなみに洗車風景はこんな感じ。


ACXR2009 Leg3 RS7

タイの洗車場の目印は、車が上がるお立ち台があること。

ガソリンスタンドに併設されていることもあるし、
洗車専門の所だったりもします。

これだけ洗ってもらって、150~300バーツぐらい
(450円~900円ぐらい?今はもっと安い?)ですね!


15:30 サケオのホテルに到着。

オフィシャルの読みでは、
この日のLEGは一番スタートのクルマで
この時間にホテルに戻ってこられるってことになってますね。


でも、SSをマックスタイムギリギリで走ればホテルに戻るのは17:30になります。

1番スタートのクルマでこれだから、最後のほうのチームだと
ホテルに戻るのが暗くなっちゃうかもしれませんね~。

まぁ、ラリーは速く走ることはもちろんですが、
確実に走ることも大事。

車を壊さず淡々と走っていれば、いつのまにか順位があがっていく。。。というのが
今までの経験です。

もちろん、1位2位を争うチームはそうも行かないと思いますが~。

この日の走行距離はSS250km、RS220kmの計470km!


そして、ホテルで夕食をとり、翌日のLEGに向けて準備をします。



メカニックがいないチームが、ひとたび車を壊してしまうと

整備を深夜まで行う→寝不足になる→注意散漫→走りやナビゲーションにも支障→さらに車を壊す

というサイクルに陥りがち!


AXCR2009 LEG3





IMG_5294
AXCR2011


IMG_5304
AXCR2011

IMG_6958
AXCR2011




ラリーでは車を壊さずに走る、というのも大事なんですね~。

IMG_6218
AXCR2011 LEG3