ASIA CROSS COUNTRY RALLY 2012 アジアクロスカントリーラリー AXCR2012

アジアクロスカントリーラリー2012 に関する情報を発信しています!

2012年06月

AXCR2011動画!!

AXCR2011のカッコいい動画がありましたので紹介しますね!




ASIA CROSS COUNTRY RALLY SUPER ACTION !

私も数々のラリー動画をアップしていますが、これはアジアンラリーの動画の中で
最も激しい動画ではないでしょうか!?

今年のチームメイト、青木選手です!


さすがは長年アジアンラリーの動画を撮り続けているオフィスミッションさんの動画です!





続きましてはこれ!


Asia cross country Rally 2011 Date3-4.wmv

一瞬ですが、ちょこちょこと私も写っています。


派手なBGMも解説もなく、まさしくラリーそのままの動画です!

実際のラリーは淡々と孤独に走り続けるのがほとんどで、
その空気感が伝わってきます。


さぁ、今年はどんな動画が撮影されるのでしょうか!?

Minako Nishinaaxcrコメント(0)トラックバック(0)  
カテゴリ: AXCR2011  YouTube 

ガレージモンチ 井原永里選手 (再掲)

「J-OFF」、「FJ CRUISERMAGAZINE」の編集長山本さんが私の書いた「井原選手」の記事をアレンジしてくれました!

同じ内容でも、また少し違った印象になるのが文章の不思議ですね。
掲載許可をいただきましたのでご紹介しますね



「去年楽しかったから、それ以上楽しもうと思ったら選手しかないなと思ったのです」

 そう語るのは、井原永理選手。

「えりりん」こと、ガレージモンチのマスコットガール(?)である。

 ガレージモンチは去年、タイ~カンボジアで行なわれたアジアクロスカントリーラリーに、ラリーを体験できるアドベンチャークラスで参加した。

その中に彼女の姿もあった。

BlogPaint


初めてのラリー体験、それがしかも海外ラリーだ。彼女自身、気持ちが大きく成長した。

その彼女が、今年コンペティションクラスでアジアンラリーに参加するという。

 「パジェロに3人乗って出ます」。

そう、「TEAM TRYANGLE」が乗り過去3回のアジアンラリー全行程を走破したマシンだ。
そのパジェロが今年もまたアンコールワットを目指して走る。

resize2216
AXCR2011

当初、井原さんではない3人1組で参戦予定だったパジェロ。
その中の1人が急遽アジアンラリーに出られなくなったのだ。

「余ったシートを狙っていました」。

3人乗車だと、ドライバー、ナビゲーターの基本2人に、もう1人後部座席にプラスされることになる。
 「ワタシはドラテクもないし。だからラリーに参戦するとしたら、3人の中の1人で出られたらなと思っていたのです」。
 運なのか巡り合わせなのか。ともあれ、第3の競技者として彼女の名前がラリーカーに刻み込まれた。

「役割はちゃんと自覚していますよ!」。

 2人ではできないことも、3人いればどうにかできることがある。
スタックしても、疲れてきても、2人より3人のパワーの方がはるかに乗り越えられる。

 「えぇ、ワタシは癒し系ですからね(笑)」。

 元々、彼女は競争心というものが無いという。
だから競技の中の結果には関心がなかった。
しかし、結果だけではない参加する人たちの楽しさを見てきた。

 「その輪に入りたいと思ったことがスタートなんです」。

 競技に参加すれば向上心も出てくる。当然、テクニックも上がる。やること自体が面白い、そして輪の中にいることが楽しい。
 みんなが頑張り、みんなが助け合う。真剣に遊び、誇りを持って楽しむ。だから、その輝きが違う。

「モンチの人たちの魅力って、チームワークなんです」。

 そのチームワークで、ラリーカーを仕上げた。
同じくアジアンラリーに参戦するもう一台のジムニーもイチから作り上げた。
彼女が乗るパジェロには今までの参加者の想いが詰まっている。

 「今、みんなで作っています。本当に手作りなんですよ」。

 工場のラインを流れ、いつしか完成されるクルマではない。
そのカタチには人の手、時間、想いが込められている。
それはクルマを走らせる人だけではない。
現場には行けないが準備を手伝ってくれた人たちの想いが詰まっている。

 「だから完走して、みんなで笑いたいなと思っています」。

 ラリーだから、どのような結果になるかは分からないだろう。
でも、諦めなければ、自分に負けなければ、アンコールワットが見えてくる。

その時はきっと誰よりも笑顔になることだろう。

3番目のリアシートから見続けた景色がかけがえのないものになるからだ。



175141c7-s




Minako Nishinaaxcrコメント(2)トラックバック(0)  
カテゴリ: ガレージモンチ  インタビュー 

ウィンチ練習に行って来ました!

久々にアジアンラリーに参戦することとなったワタクシ。

ナビゲーターとしての参戦なので、ドラテクは必要ないものの、
競技区間には、ジャングルの中には泥濘地があったり、
いつ滑り落ちてもおかしくない崖の際を走ることもあります。


547172_306987902726914_196598240_n[1]
AXCR2011


そのため、アジアンラリーの競技車両には
ウィンチの装着が強く推奨されています。


自分達の他に、誰もいない山の中で、ウィンチでクルマを引かなければならないかもしれません!

チームメイトがプロのドライバーとは言え、オフロードに関しては全くの初心者。

ということは、いざウィンチを引く時には、私が先頭に立たなければならないのです!




万が一、自車をウィンチでレスキュー!となった時、
果たして安全にウインチ操作ができるのか???

オフロードで便利なウィンチですが、実はとっても危険な道具。
一歩間違えば命を落としかねないのです。


ラリー中に泣きを見るぐらいなら、今、泣くぐらいの厳しさで教えてもらうことに!!

というわけで、トライアングル連続チャンピオンの芳澤選手にウィンチ練習をお願いしました!!




場所はアウトドアパークブロンコ

知る人ぞ知る伝説のオフロード場です!



IMG_0008

タイヤの圧は1.5まで落として準備万端!ATだけどね!



バケツと呼ばれるすり鉢状の地形にクルマを侵入させます。

ズルズルと滑り落ちていく車に恐怖!!


IMG_8074




そしてバケツの中で停止。ここかからウィンチで車を引きあげるわけです。



IMG_8089

運転席には他の人に乗ってもらって、自分でウィンチ操作をします。
くれぐれも誰も乗っていない車をウィンチで引くことの無いように!!


ウィンチ協力は黄色いTJの笠井さん!
トライアングルのオフィシャルや参戦経験もあるオフロードのベテランです!



IMG_8128

顔に泥がついてますが~。





ウィンチ操作をするときには、グローブ着用!

そして、モーターに手を巻き込まれないようにする注意も必要です。

BlogPaint


BlogPaint



ウィンチのロープのかけ方は物理の考え方も必要です。

どうやってウィンチをかけたら安全で効率的に車の体勢を戻せるか!

慣れている人なら、悩むことなく出来ることでも
久々にウィンチ操作する私にとっては大問題!


ウィンチ操作をする場面って、路面状況も悪く真っすぐ立っていることすら困難だったりするわけで、
ましてや競技中の時間に追われた中でのレスキューってなると、本当に大変だと思います!



一番いいのは、ウィンチを使うことなく走りきれてしまうこと!

ズルズルの坂道を上がるのに、1速では上がれなかったのに、
2速だと(マニュアルミッション)走れてしまったり、
外周路で深い轍にハマった時もアクセルワークとハンドル操作で抜けられたりして
(だーかーらー、抜けられるんだから初めからそのアクセルワークで走れよ!と突っ込まれました)
オフロードを走る面白さも再認識しました!




その時のまとめ動画がこちらです!!



Off road training at BRONCO 2012


なんか、私の小芝居が恥ずかしいですが、それ以外のところはカッコ良く出来ています!!
さすがです!!








スモークチーズも作ったよ!


IMG_0054







おまけ

ブロンコでウニモグとピンツガウアーがご対面!


IMG_8179

似ているようで違うらしい(オーナー談)。

でも、やっぱり似てる!

Minako Nishinaaxcrコメント(1)トラックバック(0)  
カテゴリ: アジアンラリーチーム  YouTube 

TEAM NAIRAN

アジアンラリー風物詩のひとつ「TEAM TRYANGLE」

※TRYANGLEとは?
去年もご紹介いたしましたが国内最大の4x4クロスカントリーカー競技
「TRYANGLE CHAMPYONSHIP」のことです。

そのなかで勝ち抜いてきたクロスカントリーの猛者たちがアジアンラリーの出場権を得て
「TEAM TRYANGLE」として参戦しています。


そして「TEAM TRYANGLE」として過去3回もアジアンラリーに出場した経験を持つのが伊藤芳朗選手。


今年は「TEAM NAIRAN」としてプライベート参戦を果たします。


今回はこのチームについてご紹介しましょう!






先ほど紹介したように、ドライバーは伊藤芳朗選手

7d9c3875[1]


サファリ、ジープ、ジムニーなどを乗り継ぎ四駆歴は17年。
2004年・2008年もトライアングルジャパンファイナルで優勝経験を持つという強者。
今年でアジアンラリーは4回目の参加となります。



ナビゲーターは平賀健選手

5102de0b[1]

JEEP TJラングラーに乗り続け13年余。自動車の道に進もうと決めたのは中学2年生の時。
現在はホンダ系ディーラーの整備士として活躍中。
第30回HONDA四輪サービス技術コンクールで全国優勝した経歴も持つ技術派。

「LRB nothing even comes close!」に所属。



平賀選手は2011年のTEAMTRYANGLEとして伊藤芳朗選手、佐々木隼人選手と共に
アジアンラリーに参戦しています。



IMG_9570
AXCR2011






平賀選手はメカニックも兼ねていますのでチーム体制は2名!

まさに完全プライベート参戦ですね。




マシンは以前このブログでも紹介したいすゞD-MAX。

89dcb50a-s[1]



ラリーのエントリー用紙に記入も終わり


1338096135634




1338096118115







チーム名も正式に決まって

1338096127301




あとはマシンの準備と渡航の準備を残すのみ!


で。。平賀選手にラリーの準備はすすんでるの? ってきいたら


「まだ、ぜんぜん!」だって!



1338096095834


大丈夫かな・・(汗)

Minako Nishinaaxcrコメント(0)トラックバック(0)  
カテゴリ: TEAM NAIRAN  AXCR2012 

ガレージモンチ ラリーカー シェイクダウン!

ガレージモンチのラリーカーが福井のダート場でシェイクダウン!

IMG_8367

こちら、シエラのボディを乗せたジムニー。


IMG_6055


IMG_8349

竹野選手と柳川選手!






IMG_8333

そして去年までのトライアングル号だったパジェロ!


IMG_6057



IMG_8336

道畑選手と西村選手!












IMG_8321


どうです!?ピッカピカでしょう~♪



この2台がラリーに向けてシェイクダウンを行いました!









4bc79b6e[1]

ここでいうシェイクダウンとは、仕上がった車両のテスト走行のこと!


ガレージモンチのラリーカーは、去年のラリーが終わったときか、みんなで作り始め
とうとう試走までこぎつけました!!


パジェロ完成!




ジムニー完成!













まもなく船に揺られて一足先にタイへ向かいます!

IMG_8329


みんなの思いが詰まったラリーカー!
アジアの大地を駆け抜ける日はもうすぐです!


IMG_6050

Minako Nishinaaxcrコメント(276)トラックバック(0)  
カテゴリ: ガレージモンチ  AXCR2011