ASIA CROSS COUNTRY RALLY 2012 アジアクロスカントリーラリー AXCR2012

アジアクロスカントリーラリー2012 に関する情報を発信しています!

2012年07月

アジアンラリーチーム打ち合わせ@神戸 番外編


ペアルック

アジアンラリーの打ち合わせ。

場所を変えてもまだまだ話は尽きません。。。
Minako Nishinaaxcrコメント(1)トラックバック(0)  
カテゴリ: YouTube  アジアンラリーチーム 

AXCR 2012 大会スケジュール 8月16日 LEG5


MAP


LEG5

LEG5 ラリー最終日の日程です!

SS5って書いてあるけど、SS6の間違いですよね!?


07:30 最終SSに向けて1番スタートのクルマがホテルを出発します!

SSの入り口までは100km。1時間25分以内に到着する必要があります。
平均時速70km/h!結構ハードかも?



08:25 リエゾン(移動区間)終了!

その後12:30  SSスタート!?
本来であれば、リエゾンのゴールはSSのスタート地点に設定されますので
そのまま8:30にSS6がスタートするはずですが。

記載間違いかな?

それとも、なにかセレモニーが予定されているとか!?



IMG_8752
AXCR2011

IMG_8747
AXCR2011 カンボジアステージ

IMG_8748
AXCR2011 カンボジアステージ



この日は150kmのSSを3時間以内で走らなければなりません!
最終日なのに、ハードな日程です!


最終SSは距離も短くてセレモニー的なSSだったことが多いのですが、
今年は日程が短い分、最後の最後まで攻めて走れ!ってことでしょうか。

IMG_9003
AXCR2011 カンボジアステージ



IMG_8815
AXCR2011 カンボジアステージ


これは、最後の最後まで勝負は分りませんね。



数年前には、快調にトップを独走していたチームが、
最終SSのゴール数キロ前で足回りを壊してしまい
優勝目前にリタイヤしてしまった事もあります。

さて、今年はどんなドラマが!?



SS終了後、50kmを1時間以内で走ってゴールセレモニー会場のアンコールワット前に向かいます!

IMG_9864
AXCR2011

このとき、全てのSSを走り終わった選手はカンボジアの遺跡群の中を、どんな気持ちで走っているのかな~。




IMG_9287
AXCR2011



IMG_9284
AXCR2011 アンコールワットからゴールゲートを望む
ゴールゲートはスタッフにより当日設置されます。

IMG_9113
AXCR2011

おなじみのアンコール・ワット寺院がみえますね!


選手やサポートスタッフがゴールゲートを前に笑顔で健闘をたたえ合います。

IMG_9151
AXCR2011


IMG_9153
AXCR2011

そして握手

IMG_9214
AXCR2011 

握手!




IMG_9216

AXCR2011

握手!!



IMG_9227
AXCR2011

握手!!!

共に走って来たチームメートと、仲間と、そしてライバルチームとも
アジアンラリー全ての行程を終えた者が分かち合える喜びです。
涙や笑いの入り混じった時が流れています。

IMG_9322



そして、各チームのラリーカーと選手たちが順番にゴールゲートをくぐります。


IMG_9431
AXCR2011



このゴールゲートをくぐるために、これだけを目標に
半年以上も前から準備してきたラリー。

それが、終わりを告げる瞬間です。

メカニックや、チームメイト、そして他のチームも一緒になって
みんなで、この瞬間を味わうのです。


いま、この瞬間を想像しただけで涙が。。。






そうそう、ゴールゲートでクルマの上でシャンパンファイトやビール掛けをしたかったら、
自分たちで用意をしておく必要がありますよ!
頭からかけられてもペタペタしない炭酸水がオススメですが。

IMG_9434
AXCR2011

サポートスタッフがいるチームは事前に手配をお願いしておいて
セレモニー前に確実に渡してもらえるようにしておきましょう!


それから、キレイなレーシングウェアもクルマに用意しておかないと
ゴールゲートをくぐるときにカッコつかないから、注意です!






IMG_6067
AXCR2011


セレモニーの後はすぐにホテルに戻らず、
遺跡群の前で記念写真を撮ったりしましょう!


こういった写真が取れるのは、このタイミングしかないのです!






今年はこの写真の中に、私とチームメイトがいるんだな~。




そして、ホテルに戻って表彰式!

IMG_9967
AXCR2011

IMG_9998
AXCR2011

IMG_0158
AXCR2011



IMG_0240
AXCR2011

今年も期待できるチームが多いから
成績も楽しみですね!





表彰式が終わったら、カンボジアの街に繰り出しちゃいますか!?


IMG_1249
AXCR2011

IMG_1227
AXCR2011

barスポットやカフェなどを徘徊しながら

IMG_1209
AXCR2011


IMG_0285
AXCR2011

足ツボマッサージなども!


IMG_0307
AXCR2011

テラスレストラン(屋台とも言う)でみんなで食事

カンボジアには世界中からバックパッカーが集まっているので
彼らが好みそうな、いい雰囲気のカフェやバーなどがあるんですよー!



でも、これでラリーは終わりません!

カンボジアから再びラリーカーをタイに戻さなければならないのです。
その移動は丸1日かかります。

ラリーカーを戻すところまでがラリーです!

ラリーはまだ終わりません!








Minako Nishinaaxcrコメント(1)トラックバック(0)  
カテゴリ: LEG5  公式サイトより 

AXCR 2012 大会スケジュール 8月15日 LEG4

MAP


LEG4



LEG4。国境を越える日ですね。

これぐらいになると、順位もある程度見通せてきて

何とか逆転しようと一か八かの覚悟を持って、攻めて来るチームや、

トップを死守すべく、作戦を立てて走るチームなども出てくるでしょうね!



あれ、表ではSS4ってなってるけど、SS5の間違いですよね!?

07:00   タイ-カンボジア国境に向けてコンボイで走り始めます。



IMG_8006
AXCR2011


8:00  RS8終了。 

7:00+1時間30分は8時30分ですが~、この表ではこの8時になってますね。
謎。それと、たぶんこれは国境に到着する時間だろうな。


IMG_8036
AXCR2011 タイ国境

IMG_4940
AXCR2011
     
国境に到着したら、ヒトはパスポートを持ってイミグレに歩いて行きます。





このあたりは、普通の出入国と一緒ですね。




IMG_8051

AXCR2011

IMG_8053
AXCR2011

出入国管理事務所では撮影禁止ですよ!


クルマは、ドライバーが1人車に乗った状態で、そのまま国境を越えます。

クルマで国境越えさせる経験は日本人には貴重な経験。

このアジアンラリーに参戦していなければナカナカないですよね~。 
     



IMG_8043
AXCR2011 クルマで国境を越える

ドライバーは運転席に乗ったまま出国!そのとき、顔写真を撮られるらしいので
サングラスをしている人は外してね!

    

あと、カンボジアビザをeビザで取得した人は、ビザじゃなくて領収証をプリントアウトしてきちゃうと
カンボジア入国に際してめんどくさいことになるから気をつけてね!


    


カンボジアに入ったら、クルマは右側通行。
誘導員の指示にしたがって走行レーンを対向車とクロスさせます。


IMG_8081

AXCR2011 カンボジア入国!




IMG_8177
AXCR2011



国境の町は独特な雰囲気がありますね。


IMG_8106
AXCR2011


IMG_8168
AXCR2011


741dcf31[1]
AXCR2011

ポイぺトはカジノの街。

行き交う人々の雰囲気とは全く別に、道の両脇にはカジノがが立ち並んでしました。

それは、同じ場所にありながら違う次元の世界のようで
その対比が、この国の貧しさを際立たせてしまっていました。





IMG_8125
AXCR2011

変わったバスだなーと思ったら、強制送還される人たち。

知識として知ってはいることですが、こうして生々しく見てしまい、ちょっとショックでした。





10年前の地球の歩き方には、ポイペトに関して

「道も舗装されていないし、治安も悪いから用が無ければ行かない方がいい」と書いてあったのに

その10年の間に道が舗装され、カジノつきのホテルが林立していたんですね。



IMG_8173
AXCR2011



手でこぐタイプのリヤカー的なもの。
地雷で足を怪我した人が多いから、このようなタイプの乗り物が流通しているとか。





IMG_8164
AXCR2011

カンボジアを旅してきて、タイに向かうバックパッカーたち。








去年は、全部のラリーカーと人が国境越えをするのに時間がかかったから、
国境の町ポイペトでお買い物をしたりもしてました!


IMG_8180
AXCR2011


IMG_8191
AXCR2011 翔アニキ フェラーリ携帯を買う。



AXCR2011 哀川翔選手とフェラーリ携帯



そして、SSのスタート地点までは全てのラリーカー&サポートカーはコンボイで移動してました!
    
今年はどうなるかな!?

     

10:00 SS5のスタート!

IMG_5077
AXCR2011





本来であれば8:05もしくは8:35分がSS5のスタート時間になりますが

出入国に時間がかかり、予定が大幅に遅れることを想定してでしょうね。。
     
なので、この時間設定なのでしょう。



SS5の場所Srisophonも、去年のSS4と同じ場所ですね。

IMG_5145
AXCR2011 SS4

去年、このあたりは道がかまぼこ状に、路肩が落ちていて、
道の両側は用水路。しかも路面はヌタヌタでした。
まっすぐにラリーカーを走らせるのも難しい赤土路面!

今年はどうかな~!?



2011年は200kmを4時間30分のMAX TIMEの設定でしたが
今年は150kmを同じく4時間30分の設定ですね。


IMG_8360
AXCR2011 SS4


IMG_8387
AXCR2011 SS4



IMG_8489
AXCR2011 SS4

     
その後、50kmのリエゾンを1時間で走ってホテルに向かいます。


17:35 ホテル着予定!

ま、ここら辺は、なんとなく雰囲気で!!



IMG_8698

Minako Nishinaaxcrコメント(6)トラックバック(0)  
カテゴリ: LEG4  公式サイトより 

AXCR 2012 大会スケジュール 8月14日 LEG3

MAP

LEG3

ラリーも中盤!LEG3です!

この日はサケオ→サケオで移動が無いから楽チンですね!

7:30  1番スタートのクルマがホテルを出発します。


IMG_0174
AXCR2010




8:55  70km先のRS4のゴールへ1時間25分で到着。

9:00  その5分後にSS3スタート!130kmを3時間30分以内で走らなければペナルティ!


IMG_7340
AXCR2011

サケオは国境に近い町。


国境を守る方々に見守られながら走ることも!


IMG_7446
AXCR2011 このあたりも国境に違いハズ。








11:00 2時間でSS3を走り終えたとして
     RS5をSS4に向けて走り始めます。

     60kmを1時間30分で走ります。
     
     この1時間半の間に、屋台のラーメンでも食べられるといいな~。



AXCR2009 リエゾン風景


12:30 RS5の終点!SS4の入り口です!

13:00 Traphayaで、SS4がスタート!?
     
     12:30の5分後の12:35にスタートじゃないのかな?
     
     +25分の猶予があるってことは???
     サービスのためとかお昼休憩?

     
     過去には、謎の時間にセレモニーが行われたこともあったけど
     25分だと??間違いなのかな?

     Traphayaって地名は、2011年のSS5の場所と一緒ですね。

IMG_7534
AXCR2011 SS5



34af0c5a[1]
AXCR2011 SS5 拓磨タピオカ事件


     
     
     SS4は、100kmを2時間で走ります。

15:00 マックスタイムの2時間でSSを走ったとすると、SS4ゴールがこの時間。




06ed9a7d-s[1]
AXCR2011 SSゴール後!

     ここからRS6のスタートで、60km先のホテルまで1時間30分で戻ります。



16:30 ホテル着?あれ、推定時間とあわないや。


んー、ちょっと時間が合わないけど、大事なのは何キロのSSを何分で走るか、
何キロのRSを何時間で走るかです。

この日はSSが2つあってSSの総合距離は230km。リエゾンは190kmの計420kmですね!

そろそろラリーにも体が慣れてきた頃でしょうか!?





速報!


オーガナイザー様より、最新のタイムスケジュールが間もなく発表されるとこのとデス。

私がココで紹介しているスケジュール説明は、とりあえず参考ってことで!!



Minako Nishinaaxcrコメント(7)トラックバック(0)  
カテゴリ: LEG3  公式サイトより 

AXCR 2012 大会スケジュール 8月13日 LEG2

MAP

LEG2

8月13日の日程です!

この日はパタヤから国境の街、サケオへ移動する日ですね。
朝からチェックアウトやら、スーツケースをサポートトラックに積んだりするので、
余裕をもって起きましょう!

時間があれば、こんな写真が撮れたりしますよ!
IMG_5675
AXCR2011


昨日のSSのタイム順がスタート順になります。

7:30 一番スタートのクルマがSS2のスタートポイントに向けてホテルを出発します!

大体、スタート時間の1時間から遅くても30分前にはラリーカーのところにいて
ウォッシャー液を入れたり、窓を拭いたり、荷物の固定をしたりしてましたね。

そうそう、ラリー中はウォッシャー液がすぐなくなるんですよね。

毎日、何リットルも補充してた。

あと、泥でウォッシャー液のノズルが詰まることもあるから

それようの針金を用意したりしてた!




そこから120km先のPrachinburi(プラチャンブリ)まで2時間30分で走ります。

Prachinburiは去年のLEG2の宿泊場所ですね。

もしかしたら、去年のLEG3と同じようなところを走るのかもしれませんね。




10:00 ラリーカー到着!
 ナビは、タイムコントロールに行って、タイムカードのチェックとかします。


IMG_6380
AXCR2011


 アジアンラリーのタイムコントロールは、道沿いにビーチパラソルとテーブルがあって
 そこに係りの人がいます。その5分後にSSがスタートします!


IMG_6382-1
AXCR2011

10:05 SSスタート!

250kmの距離を5時間30分以内で走りきらなければなりません!

1番スタートのクルマだと15:35分までにゴールしなければならないんですね。

IMG_5960
AXCR2011 LEG3





ただ、おそらく途中でPCがあると思われます!

給油もしなきゃだし、お昼も食べたいしね。

IMG_6357
AXCR2011 LEG3











メカニックはドライバーが休憩している間に、車のチェック!

IMG_6341
AXCR2011 LEG3


この表を参考に、仮に3時間25分でSSをゴールしたとして

13:30 SSゴール!



そこから次の宿泊地であるサケオのホテルまでは、100km。2時間で走ります。

ホテルに戻るまでの間に、洗車をしたり
車が大きく壊れたしまったりすると、整備工場などに車を入れて溶接してもらったり
必要なパーツ類を買い探したりする必要があります。





ちなみに洗車風景はこんな感じ。


ACXR2009 Leg3 RS7

タイの洗車場の目印は、車が上がるお立ち台があること。

ガソリンスタンドに併設されていることもあるし、
洗車専門の所だったりもします。

これだけ洗ってもらって、150~300バーツぐらい
(450円~900円ぐらい?今はもっと安い?)ですね!


15:30 サケオのホテルに到着。

オフィシャルの読みでは、
この日のLEGは一番スタートのクルマで
この時間にホテルに戻ってこられるってことになってますね。


でも、SSをマックスタイムギリギリで走ればホテルに戻るのは17:30になります。

1番スタートのクルマでこれだから、最後のほうのチームだと
ホテルに戻るのが暗くなっちゃうかもしれませんね~。

まぁ、ラリーは速く走ることはもちろんですが、
確実に走ることも大事。

車を壊さず淡々と走っていれば、いつのまにか順位があがっていく。。。というのが
今までの経験です。

もちろん、1位2位を争うチームはそうも行かないと思いますが~。

この日の走行距離はSS250km、RS220kmの計470km!


そして、ホテルで夕食をとり、翌日のLEGに向けて準備をします。



メカニックがいないチームが、ひとたび車を壊してしまうと

整備を深夜まで行う→寝不足になる→注意散漫→走りやナビゲーションにも支障→さらに車を壊す

というサイクルに陥りがち!


AXCR2009 LEG3





IMG_5294
AXCR2011


IMG_5304
AXCR2011

IMG_6958
AXCR2011




ラリーでは車を壊さずに走る、というのも大事なんですね~。

IMG_6218
AXCR2011 LEG3

Minako Nishinaaxcrコメント(0)トラックバック(0)  
カテゴリ: LEG2  公式サイトより