ASIA CROSS COUNTRY RALLY 2012 アジアクロスカントリーラリー AXCR2012

アジアクロスカントリーラリー2012 に関する情報を発信しています!

2013年03月

Rally Report 22 8/14 LEG3-7

先ほどのステアケースから約10㎞。時間にしたら十数分。

ツイントリップとコマ図がピッタリ一致して、気持ちよくナビをしていました。

何といっても、あの井入選手が私の言いなりに、右に左にとクルマを走らせてくれるんですよ!!




コマ図通りに左に曲がると、青々と葉の茂った畑の中の、見晴らしの良い一本道となりました。


そして、175.01㎞地点に窪みがあり、それを越えて道は続いているはずでした。


DSC_2828

しかし。。。



窪みがあるであるであろう茂みのあたりで、

先ほど私たちを抜かしていった赤いトライトンが、身動きが出来なくなって、もがいていました。





???



ここまで確かにコマ図はあっていたし、道は間違いないはず。

コマ図に書いてある窪みが、思ったよりも深くて先に進めないのか?とも思いましたが・・・



「この先に道がない!」


茂みの先はただ土手があるだけで、道らしきものは見当たりません。



コマ図通りなのに、なんでこの先に道が無いの?


コマ図が違ってる?




アジアンラリーでは、まれにコマ図の距離が違っていたり、抜けていたりすることがあります。


距離が違うのは、コマ図をもらってチェックした時に区間距離と総合距離の計算で気がつくこともありますが、

何百コマとあるコマ図の数字を1つ1つチェックはしきれません。
(もちろん、なかにはチェックする人もいるようですが)


そしてコマ図を読みながら、走っている最中にトリップメーターとコマ図の距離が合わずに

「???」と思い、数字を確認すると「!!!」と気づくことも。


ナビゲーターはそんな時でも慌てず騒がず、何事も無かったようにドライバーに悟られないように、

道案内をするのが経験と技術ってもんです。



まぁ、私の場合は大抵は悟られがちですけどね!



ともかく、この試練は競技者全員が同じように受けるわけです。



私たち競技者はどんな困難な状況であれ、ゴールを目指すのが、クロスカントリーラリーなのです。




ラリーカーを停めて、#15のトライトンの近くへと向かいます。


緩やかな下り坂で、路面状況はヌタヌタ。

歩くにつれて、靴に泥がまとわりついで足元が重くなる感じ。





AXCR2012 Leg3 SS3-1


身動きできなくなったトライトン、二駆になってしまって自力では脱出不可能の様子。


どうやって、このトライトンを引き上げたらいいものかと思案していると、

コマ図通りにやってきたバイクやラリーカーも次々とこのポイントへやってきました。




そして、トライトンがスタックしているのを見て、コマ図通りに道が無いのを知り、

正しい道を探してクモの子を散らしたように、見晴らしの良い畑の道に散らばって行きました。



ナビのRoslyn SHEN選手が、助けを求めています。



コマ図が違おうが、なんだろうが、今はとにかくトライトンを引き上げなければ!






ですが、スタックしたトライトンのドライバーの青木選手は



「ええから行けって!」


といって私たちに競技を優先し、先を急ぐように言いました。

特に、クラス優勝がかかっている浅井選手のパジェロに先に行くように言っていましたが

我がチームリーダーを見捨てられるわけないじゃないですか!!






その時の青木選手の様子について、川脇選手によると


「捨てられた子犬のような目をしてはったで~(笑)」。

とのこと。









AXCR2012 LEG3 SS3-1.2




↑↑↑ この動画を取った後で、カメラの電源を、

うっかり切り忘れてポケットに入れっぱなしになっていて、音声のみが入った動画がコチラ


↓↓↓


AXCR2012 LEG3 SS3-1.3

カメラで撮ることを意識していない、その時のそのままの音です!!

これはこれで、貴重かも!?







私たちのトライトンと、パジェロの2台でトライトンを引き揚げます。


IMGP2601







しかし、2駆になったトライトン、そう簡単に上がりそうにありません。





こんなときに、自分にレスキューの技術があれば!!と悔しく思い、

また、トライアングル号が来てくれたら!とも願いました。






ちなみにこの時、2台のトライアングル号はニ駆になったバンディットを

レスキューしていました。。。。


We love Bandit 2012 AXCR







スタックしたトライトンを引っ張っても、こちらが引き寄せられてしまうような状態の中、

タイヤだけがその場でむなしく泥をかき、さらに深く埋まっていくだけ。


時間だけが刻一刻と過ぎていきます。



先ほどまで、他のラリーカーやバイクが遠くで右往左往している様子が見えていたのに

もう、その姿も音も感じられなくなってしまいました。




タイのいなかの畑の中、私たち以外のだれの気配も感じない農道に静かに風が吹いているだけ。



一瞬、全ての音が途切れて耳の中が「シン・・・」としました。



もしかしたら、このままトライトンを上げることは不可能か?という不安が表に出てこないように

7人と2台の四駆があれば絶対に上がるはず!と自分を奮い立たせました。






そして、ウインチを使ったり、トライトンの荷台に人が乗って荷重をかけたりと、

出来る限りのことをして、スタックしたトライトンをなんとか茂みからは引き上げることが出来ました。

しかし、2駆になってしまったのトライトンが自走できるようなところまでは、

なかなか引き上げあれません。



青木選手がバックギアに入れてアクセルを踏むも、

その場でリヤタイヤが回転しているだけ。




IMGP2602

なんどももがいているうちに、畑の作物をちょっと踏みつけてしまいました(農家の方ごめんなさい)

それが山芋っぽくて(たぶんタピオカ?)砕けたイモが、

さらに路面をヌルヌルに滑りやすくする始末。




パジェロと私たちのトライトンの2台を連結して、青木選手のトライトンを引っ張ります。




AXCR2012 LEG3 SS3-2






IMGP2603

だってほら、もうこんな路面だもの。

泥の中でもがいたから、マッドガードも外れちゃって。。。


DSC_1327


どれくらい時間がたったでしょうか?

とてつもなく長い時間のように感じましたが、


レスキューに要した時間は小一時間といったところでしょうか。



DSC_2827~01

コマ図もドロドロ。






後続のラリーカーがどこに行ってしまったのかも分かりませんが、



私達ほのかには、だれもいません。


正しい道を見つけて、先回りしてしまったのか、それともエスケープしてどこかに行ったのか。












みんなどこに行ってしまったの!?




しかし、この先の道が分からない!!!



私たちはどこへ行けばいいの?




Minako Nishinaaxcrコメント(5)トラックバック(0)  
カテゴリ: Rally Report  LEG3 

Rally Report 21 8/14 LEG3-6

さっきのダイナミックな川渡りから20Km弱。


道の先に、砂煙が上がっているのが見えました。


草の陰から白いピックアプが見え隠れしています!


309713_427482280653281_86682174_n
LEG3(参考画像)



インドチームのD-MAXです!





こうなると、ナビとしてはちょっとホッとするところでもあります。


だって、コマ図どおりにちゃんと走れている!ってことだから。
(とはいえ、集団でミスコースすることもありますが)




仁科「次、道なり左で川を渡って右!」



DSC_2809


と思ったら、前を走るインドチームのピックアップが

その手前で右の茂みにサッとクルマを入れました。


「??????」


確かに道は左でいいはず。


私たちに道を譲ってくれたのかな?



いいや行っちゃえ!!



フロントガラスからインドチームの車が消えて、車体が左を向くと、目の前には小川が。






ここで、問題なのは小川ではなく深い段差!!。


しかも左手には深そうな池まで伴ってる!


普通に行ったら段差にフロントを突っ込んだ状態で、上がれなくなるのは目に見えています。



仁科「・・・えーっと、後ろにインドチームもいるし、行ってみましょう!

ダメだったら引いてもらえそうだし」


井入「よっしゃ、いくで~!」



ガクン!



フロントタイヤが溝に落ちたところで、身動きが出来なくなりました。


バックもできません。



右側に盛り上がった土手に上手いことタイヤが引っ掛かれば、行けそうかな~??

と思ったんですが・・・。



こうなるとサードシートの川脇選手の出番です!!


身動きのとれなくなった車から降りて、


レスキューグッズを取り出して、けん引の準備です!



私はインドチームに身振り手振りで「引いて~!!!」とお願い。



川脇選手と協力して、けん引フックをインドチームのピックアップと

トライトンに掛けて引いてもらうことに。




でも、上手く引き上がらなかったら・・・、

そして、そのまま左手にある池に落ちて行ったらどうしよう、

不安な気持ちで一杯になっている私をよそに、クルマはあっけなく引き上がりました。


よし、こうなれば、アタックあるのみ!?


ロープを外して、再びアタック!

しかし、再び段差を越えようとするもやはり越えられず身動きが取れなくなりました。



そしてまた、インドチームのお世話になることに。



時間に追われて、困難な状況に追い込まれる。


うわー!!このアドレナリンがバンバン出る感じ!!



これですよ、これ!!これぞラリ~!!




なーんて悠長なことも言ってられません。




そうそう、こんな時でも井入選手と川脇選手は私と違って落ち着いていてくれたので、

本当に助かりました!





さて、どうしたものかと思っていたところで



神の助け!!




我がチームリーダー、青木考次選手の登場です!!


dbd38bac-s[1]
青木考次選手(参考画像)





インドチームの後ろに、赤いトライトンが!!



549909_446809285389676_1179426818_n[2]
(参考画像)LEG3





もうね、後光が差してましたよ!




青木選手は小川のなかの大きな石をどかし、井入選手にひと言、ふた言、声をかけました。



そして、トライトンは小川に向かって走っていきます。






見事!トライトンは段差を超えました!!



川の手前でトライトンに置いて行かれる格好となった私と川脇選手。





躊躇することなく水の中に入って川を渡り、トライトンに滑り込んだときの私をみて




チームメイトがそのワタシの「男らしさ」に惚れたとか惚れないとか!?




息を切らせてヘルメットとシートベルトを付け、コマ図の確認してラリー再開です!!



e9c0ce37[1]
LEG1(参考画像)


実はこの時、先を急ぐあまり後続の青木選手たちを置いてスタコラサッサと行ってしまいました!!!


同じチーム同士、こんな時は後続がちゃんと来るのか確認するものですが、

まぁ、青木選手だし、このトライトンが行けたんだから行けるでしょ!

って気持で・・・


でも後日、青木選手にその時のことで「まったく、恩知らずなやっちゃな~」と言われてしまいました。
(でも、ネタばれですが、そのあとででっかい恩返しをするんですよ!!)


言いわけはダメですね。あの時は本当にごめんなさい。



その青木選手が操るトライトン、私たちと同じクルマとは思えない走り。




青木選手にとってアクセルはきっと、ON-OFFのスイッチなんだと思う。


しばらく走ったところで、たちまちブチ抜かれてしまいました!



ちなみに青木選手の走りはこんな感じ!!↓↓↓


ASIA CROSS COUNTRY RALLY SUPER ACTION !





そうそう青木選手との後日談として


仁科「青木選手、本当に速いですよね~」


青木「せや、悪いけど何度も抜かさせてもらったでェ!」




えーっと。。。私たちを何度も抜いたってことは、

私たちに、何度も抜かれてるってことですよねぇ・・・(笑)


Minako Nishinaaxcrコメント(0)トラックバック(0)  
カテゴリ: LEG3  Rally Report 

Rally Report ⑳ 8/14 LEG3-5

今日2個目となる、渡河ポイントは141.76㎞地点。

DSC_2791




!!!(スリーコーション)のDEEP WATERは、こんな感じ~!

IMG_7419



普通、こんな川が目の前に出てきたら、渡ろうとは思わないでしょうが、

コマ図に書いてあったら渡るしかないのです!

だってそこがコースだから!









この川に一番に飛び込んだのは、


#13 HOT BITS THAILAND BY KEEN
IMG_7420



IMG_7423

先ほどの小川に入ってきた時のままの順位を保っています!





#1 ABTEC SITTHIPHOL GROUP ISUZU BRIDGESTONE

Vorapot BUNCHUAYLUEAP&rakorb CHAOTHALE選手!


IMG_7428



IMG_7429

去年のチャンピオンの意地!

ですがなかなかNo15が抜けません!!




#5 MAXXIS N MOTORSPORT ISUZU

Wichai WATTANAWISUTH&Thayapat MEENIL選手

IMG_7434



IMG_7435

ウィチャイ選手も順位を保ったままです!



このジオランダーのボンネットは~!!

IMG_7438


#2九州男児
KINYA MORIKAWA&Masahiko UCHIDA 選手

IMG_7440



IMG_7441



#12 
Chamnan ON-SRI&Cholanat PHOPIPAT選手!

IMG_7449



IMG_7451

このトライトン、速いです!!








#3 takuma-gp

Takuma AOKI&Kastsuhiko SHIINE&Ittipon SIMARAKS選手


IMG_7462



IMG_7463



#7 WICHAWAT CHOTIRAVEE
Wichawat CHOTIRAVEE&Thanachok SANSAWAT選手!

IMG_7468



IMG_7472



IMG_7473

先ほどより、2台のラリーカーを抜いてきています!




おぉーっ!っとこことで、黒いD-MAX!!


#22 TEAM NAIRAN
Yoshiro ITO&Takeshi HIRAKA選手!


IMG_7476


こちらも2台、抜いてきました!!!

IMG_7479



IMG_7481

ボンネットの「下野四駆会」のステッカーが目立ってます!!


IMG_7482

運転している伊藤選手と、ナビの平賀選手!!!




#14 MAXXIS N MOTORSPORT ISUZU

Sarun YOOSOOK&Ekachai PANPHIAN選手!

IMG_7486



IMG_7487


IMG_7488




#6 MAXXIS N MOTORSPORT ISUZU
Sanjay TAKLE&Musa SHERIF 選手

IMG_7494


IMG_7497



IMG_7498


IMG_7501





そして、やっときました~!!!

#19 Two & four asian rally team
Hiroyuki IIRI/Kazuteru KAWAWAKI / Minako NISHINA



井入「ここいけんの~!?」

仁科「キター!スリーコーションの川渡です!」



ラリーが始まる前に、もしコース上に川があったら、サードシートの人には

「道を確認してもらうために、川の中に入ってもらいますから!」

と言ってありました。


だから、川脇選手にはクルマから降りてもらい、

川を歩いて確認してもらおうかとも考えましたが、

川の中にはメディアの人も立っているし、行けそう!

ってことで、

仁科「いっちゃってくださーい!!!」




IMG_7504



今思えば、サードシートで窮屈そうにしている川脇選手の見せ場だったかも!!?



IMG_7505


フロントガラスを駆け上がってくる泥水で一瞬視界が悪くなりましたが、

そんなことで井入選手のアクセルが緩むことはありません!

IMG_7506



IMG_7508



IMG_7509

海から上がったクジラのように、ボディに乗った水を一気に落として

先を急ぎます!!



#17 TEAM INNO
Shoji KATSUMATA&Masayuki FUKANO選手!

IMG_7515



IMG_7517



IMG_7519



IMG_7520

IMG_7524







#15 Two & four asian rally team
AOKITakatsugu AOKI&Roslyn SHEN 選手

IMG_7532



IMG_7534



IMG_7535






#23 Garage-monchi world rally team

Satoshi TAKENO&Naoyuki YANAGAWA選手!

IMG_7544



IMG_7545



IMG_7547



IMG_7549


IMG_7551


IMG_7553



IMG_7556

ジムニーの窓が開いてます!!

室内に水が入るのは必至です!!!



#18 Michihiro ASAI&Koji WAKUTA選手!

IMG_7565



IMG_7566



IMG_7569



IMG_7572


先ほどビート落ちしたタイヤの交換を済ませて走ってきました!!


#16 SHOW AIKAWA WORLD RALLY TEAM2号車!
TERADAMasahiro &Tetsuro CHIHARADA選手!

IMG_7582


助手席のミラーが折りたたまれ他状態なのは、

どこかにぶつけたのか、はたまたジャングルを走るためにわざと畳んでいるのか?

IMG_7585

そしてそのすぐ後ろには

#8 SHOW AIKAWA WORLD RALLY TEAM
AIKAWA Show&Sadatoshi ANDO 選手


IMG_7589



IMG_7593



IMG_7594



IMG_7596


絵になる!


間違いなくこのシーンはいろいろなところで使われること間違いなし!!




四輪が全て通過していませんが、二輪もやってきました!


#103 池町佳生選手!
IMG_7605




IMG_7613



IMG_7617


IMG_7618

バイクを降りて、押して渡ります!!



続いてやってきたのは四輪!

#11  Bandit PANTHITA&Anuraks Tosri選手!

IMG_7625


今までにない勢いで突っ込んできました!!

IMG_7627


水しぶきでクルマが見えません!!

IMG_7629



IMG_7634

天井にまで水が!!




IMG_7636



IMG_7645


ってあれ?ナビゲーターが置き去り!!

まさか助手席から振り落とされた?

IMG_7649

ってことはなく、二駆になってしまったラリーカーのイザと言う時のために降りておいたのか?

軽くするために降りたのか?

川の中の確認のために降りたのか?
(って、ラリーカーが先に行っちゃってるからそれは無いか)





バイクも次々やってきました!



IMG_7652
#107 江連忠男



IMG_7653


IMG_7657







IMG_7656
#110 松本典久選手!










IMG_7658
#114 福村久澄選手



IMG_7661



IMG_7662
#105 福岡秀之選手


IMG_7665
#121 Koun Phandara

IMG_7666







そしてまた四輪です!


#10 TEAM TRYANGLE☆LRB2号車!

YOSHINOYukio&Kentaro KUMAI選手!

IMG_7668



IMG_7669

バンディットに負けず劣らずの水しぶき!!


四輪と二輪の混走となってきました!





IMG_7670
#120 Iv Leng 選手。

川を見て、冷静にゴーグルを外しています。



IMG_7671

落ち着いた様子で川を渡って・・・


IMG_7673

渡り切ったらGo!!







IMG_7674
#102 Jetsadang Chotana選手!



IMG_7675

カメラに狙われまくっています!!




IMG_7677


IMG_7678
#109 松井航選手

IMG_7680

先ほどの川渡りでは、バランスを崩して川を渡りきったところで、

バイクを倒してしまいましたが、今回は確実に押してわたっています!



IMG_7681
#116 GULRyu Myung Gul 選手



IMG_7685


IMG_7687



IMG_7693

#118 タイのDusit Sema-ngoen選手!




IMG_7694
#108 山田伸一選手!#119 Chan Daravuth選手!



バイクのほうは、だいぶ順位が入れ替わっているようです!!


それにしても、バイクの人たちは競技中に話が出来るぐらいの距離でいることもあるんですね。

当たり前のことかもしれませんが!


実際に、話をしたりすることはあるのでしょうか??


このポイントの写真はココまで!

まだ来ていない四輪の



#20 SA KAEO OFF ROAD
Mr.Songyos THIENTHONG&Nopporn JANGBUMRUNG選手と

#9 TEAM TRYANGLE☆LRB1号車の
青野選手と鶴山選手は~~~?

Minako Nishinaaxcrコメント(10)トラックバック(0)  
カテゴリ: Rally Report  LEG3 

Rally Report ⑲ 8/14 LEG3-4

四輪に続き、バイクもやってきました!


IMG_7253


モトで一番最初にこのポイントにやってきたのは、#103 池町佳生選手!




IMG_7257
次は#101 タイのManoch Abdullkaree選手!



IMG_7265
3番手には#119 Chan Daravuth選手はカンボジアから!




IMG_7267
3台が続けて走ってきました!



IMG_7278

勢いよく飛び込んだのは、#121 Koun Phandara選手!


IMG_7281

そのまま走りぬけます!



IMG_7284
続いて #110 松本典久選手!




IMG_7289
#105 福岡秀之選手!


IMG_7291
ほぼ2台同時に小川ポイントにやってきた2台!


IMG_7293
#109 松井航が一足先に小川へ!!

おっとっとっと!バランスを崩して~~




IMG_7294

松井選手、バイクを倒してしまいました!!




IMG_7297

ですが、カメラマンに余裕のポーズです!



IMG_7302

ってそんなことやっている間に~~



IMG_7304

#114 福村久澄選手に抜かれてしまいました!


IMG_7305

「お先に~!」って感じでしょうか?


IMG_7307

行ってしまった・・・




IMG_7309
#106 関島優選手



IMG_7313
#107 江連忠男



IMG_7315
バイクを降りて、押して小川を渡ってします!



IMG_7316

渡りきったところでレッツゴー!





IMG_7317
#120 Iv Leng 選手


IMG_7319

両足を上げて川を渡ります!






IMG_7322
しかし、渡り切る直前でバランスを崩してしまいました!!








IMG_7324

ですが、なんとか持ちこたえたようです!





IMG_7326

つづけて3台のバイクがやってきました!


IMG_7327

「・・・イケるか?」とか考えているのでしょうか?



IMG_7331

#122 Chea Peav選手から小川へはります!



IMG_7332

両足上げ走行で~~


IMG_7333

渡り切りました!




IMG_7335

続いて #108 山田伸一選手!


IMG_7339

かなりの勢いで渡ってきました!




IMG_7341

そして無事渡り切りました!!





IMG_7346

#106 関島優選手も!



IMG_7348
#116 GULRyu Myung Gul 選手は韓国から!




IMG_7354

ヘルメットにはGopro!



IMG_7356

この映像は、どこかで公開されていたら見たい!





IMG_7357

#117 GEUNChoi Jung Geun選手!




IMG_7359




IMG_7364

#118 タイのDusit Sema-ngoen選手!



IMG_7368

足を付きながら小川を渡るも~~~



IMG_7374

バランスを崩してしまい~~~




IMG_7379

バイクが横を向いてしまいまいました!

ですが、なんとか態勢を立て直して




IMG_7382

再び走り始めます!










さて、次は・・・・











農作業へ向かう、地元の方です!



IMG_7388

「なぁに、やってるんだかなぁ?」 「ラリーらしいって!?」

「この小川はバイクで渡ったら大変だべな~」「だな~」←勝手にキャプションつけてます。



IMG_7394

荷台に乗ったこのタイヤは、耕運機用でしょうか!?

まさか、ラリーカーの忘れ物!?ってことは無いですよね





IMG_7400

そのあとを追いかけてやってきたのは、#102 Jetsadang Chotana選手!



IMG_7404


あら、このカメラ以外メディアの姿は無く・・・

さみしぃ・・・


つづく

(もらった画像にゼッケンとキャプションをつけただけで申し訳ない~!)
Minako Nishinaaxcrコメント(9)トラックバック(0)  
カテゴリ: Rally Report  LEG3