ASIA CROSS COUNTRY RALLY 2012 アジアクロスカントリーラリー AXCR2012

アジアクロスカントリーラリー2012 に関する情報を発信しています!

2013年04月

Rally Report 25 8/15 LEG4-2

国境の街、ポイペトを抜けてSSのスタートに向けて走ります。



IMG_3993


国境付近には、カジノや高級ホテルが立ち並び、
少し離れた場所にはバックパッカー向けのゲストハウスなどもあり、賑わっています。

ですがホコリっぽいのなんの!



IMG_3997



やがて、道沿いの建物の高さが低くなってきて緑が多くなってきました。

道沿いには、ラリーカーを一目見ようと大勢の人が集まっています。




IMG_4003

この道は、アンコールワットへと続く道。

途中、途中に街が現れます。



IMG_4006


しかし、埃っぽい!

アスファルトの上に砂が乗った状態なので、グリップしないとドライバーの川脇選手。






そして、メインストリートを外れてSS入口に近づいてくると!!












IMG_4011

今日のSSの前哨戦ですか!!!?

路面は堅く、砂利が浮き、穴ぼこだらけ!!



IMG_4015


牛キター!!





IMG_4030




IMG_4034


ラリーカーの助手席から見るコンボイ走行は壮観です!




そしてアンコールワットに遠くない、カンボジアのとある場所がSSのスタート地点!






IMG_7794




IMG_7801



IMG_7835


哀川翔選手!

前回、押しかけメディアとして参加した時は、話す機会も多かったのですが

競技者として参加した今年は意外と話せてない!!






IMG_4037







IMG_7803





IMG_7804

DSCN3218

カンボジアステージを前に、どのチームもラリーカーのメンテに余念がありません!







IMG_7805

ラリーカーの前でびしーっとポーズを決めているのは平賀選手。

あれ?クルマが違わない!?





IMG_7811


IMG_7812


IMG_7828




IMG_7822


#11バンディット選手、SSは必ずレーシングスーツで走ります!




DSCN3215

オレンジのTシャツを着ているのは、ワタシの友人であるkimさん!

このブログの写真も、kimさんからもらったものをたくさん使わせてもらっています!















IMG_7832






IMG_7836


IMG_7837



ガレージモンチの両選手、バンディット選手とは何言で話をしているのでしょうか!?






IMG_4050

この車、タイの方が運転しています。

アジアンラリーを追っかけて、カンボジアまで来ちゃいました!










IMG_4042


IMG_4044



スタート付近には物珍しそうにラリーカーを見る地元の人たちが!







DSCN3220




DSCN3223


IMG_4045




IMG_4047




IMG_4051


カンボジアステージは、バイクが先にスタートします!





DSCN3236


カンボジアでのスタート順について、オフィシャルから説明がありました。

昨日までは前日のSSの順位が翌日のSSのスタート順でしたが

カンボジアステージからは、オーバーオールの成績順で出走するって!!!




えーぇ!?




そうなの?そうだったっけ?

これは、上位を争うチームにとって一大事です!



このアジアンラリーでは、ライバルチームよりも先に出走することで

特にアドバンテージが得られるのです。


例えば、後続の車は砂埃で前方の確認がしにくくなる。

泥濘地においては、後になればなるほど轍が深くなり、コースコンディションが悪くなることが多い。

コースに丸木橋のように、もろい橋があったりすると、後続の車が走る頃には橋は壊れて無くなっていたり。。。



前を走るライバルチームのラリーカーに追いついたとしても、

戦略としてブロックされて、追い越しを阻止されたり。


もちろん、先を走る車も大変です!(特にナビゲーター)

わずかなミスコースも許されません!

その一瞬のミスで、後続の車に抜かれてしまうかもしれないのです!


DSCN3228

どうして、カンボジアではスタートオーバーオールなの?

昨日のSSのリザルト順じゃないの?と聞いてみたところ






「昨日のSSのリザルトが無いし」



えぇえぇ~???????






初めからカンボジアはオーバーオールで走る予定だったから

昨日のSSのリザルトが手元になかったのか、

昨日のSSのリザルトが無かったから、

オーバーオールの成績で走ることになったのかは分かりませんが、


チーム九州男児のナビゲーター、内田選手は猛抗議!





そこで私は、スマホで撮影した昨日のリザルトと、

DSC_1338
↑コレね。




それをもとに私がメモした出走順を見せると


「OK!OK!」


と、私の書いたメモを紙に写し書きをして

あっさりスタート順が昨日のSSのリザルト順となりました!!


いや、私たちのチームはオーバーオールの成績だろうが、

昨日のSSの成績順だろうが、出走順にそれほど影響はなかったんだけど、

昨日、SSをトップの成績で走り切った九州男児にとっては大問題だったのです!
(九州男児はオーバーオールではトップでは無い)


この件で、九州男児のナビゲーターをしていた内田選手には感謝されたのは言うまでもありません。


もしかして、ラリースタート前のブリーフィングでそんな話もしてた???




ま、いいか。

交渉力がものを言う!?これもアジアンラリーです!!


IMG_4049



IMG_4039

まもなくスタートです!

Minako Nishinaaxcrコメント(22)トラックバック(0)  
カテゴリ: Rally Report  LEG4 

Rally Report 24 8/15 LEG4-1


LEG4


今日はタイからカンボジアへと国境を越えます!


タイとカンボジアは通信事情や道路事情も違います。



万が一のときのパーツの調達などもしタイよりしにくいし、

第一、私のなんちゃってタイ語も通じません!


そういう意味でも、よりサバイバルで緊張感の増す国境越えとなります。



20120815-085833-

我がTWO&FOUR アジアンラリーチームも揃ってカンボジアへ向かいます!

IMG_3874

このお茶目なおっちゃんは!?



IMG_3875
わがチームリーダ、TAKATUGU AOKI  選手!








20120815-090125-

私たちのラリーカー、本日は川脇選手がドライバー!

本ラリー、2回目のドライバー席にして今日が最後のドライバーとなります!




20120815-090154-

競技車両は、スタート前にゼッケン順に並びボーダーまでコンボイで向かいます。



IMG_9052




20120815-085840-

20120815-085905-

バイクチームにとっては、ラリーでの国境越えは初。






20120815-090216-

オフィシャルの指示に従い、たい列を組みます。




IMG_9049


20120815-090250-02-
#1 ABTEC SITTHIPHOL GROUP ISUZU BRIDGESTONE

Vorapot BUNCHUAYLUEAP&rakorb CHAOTHALE選手!



20120815-090304-
#2九州男児
KINYA MORIKAWA&Masahiko UCHIDA 選手



IMG_9059



20120815-090443-
#5 MAXXIS N MOTORSPORT ISUZU

Wichai WATTANAWISUTH&Thayapat MEENIL選手

アジアンラリーの仙人、ウィチャイ選手!!






20120815-090448-
#7 WICHAWAT CHOTIRAVEE
Wichawat CHOTIRAVEE&Thanachok SANSAWAT選手!




20120815-090500-
#8 SHOW AIKAWA WORLD RALLY TEAM
AIKAWA Show&Sadatoshi ANDO 選手





20120815-090523-01-
#9チームトライアングル☆LRB!

鶴山光太郎選手と青野泰久選手!




20120815-090533-01-

下野四駆会のステッカーが目立ってる!

コチラもチームトライアングル☆LRB!

熊井健太郎選手と吉野幸雄選手です!


20120815-090534-02-






20120815-090538-01-
#11  Bandit PANTHITA&Anuraks Tosri選手!

昨日の競技中に、ラリーカーが二輪駆動になってしまったバンディット選手、

今日は四駆に入るようになったのでしょうか!?







20120815-090540-
#12 Chamnan ON-SRI&Cholanat PHOPIPAT選手!




20120815-090546-
#13 HOT BITS THAILAND BY KEEN

暫定で1位のチームです!






20120815-090550-
#14 MAXXIS N MOTORSPORT ISUZU

Sarun YOOSOOK&Ekachai PANPHIAN選手!






20120815-090556-
#16 SHOW AIKAWA WORLD RALLY TEAM2号車!
TERADAMasahiro &Tetsuro CHIHARADA選手!





20120815-090617-
#19 Two & four asian rally team
Hiroyuki IIRI/Kazuteru KAWAWAKI / Minako NISHINA 




20120815-090620-
#20 SA KAEO OFF ROAD
Mr.Songyos THIENTHONG&Nopporn JANGBUMRUNG選手!







20120815-090645-

隊列を組んで、ボーダーへ!





20120815-090701-
#22 TEAM NAIRAN
Yoshiro ITO&Takeshi HIRAKA選手!




20120815-090703-
#23 Garage-monchi world rally team

Satoshi TAKENO&Naoyuki YANAGAWA選手!







アドベンチャークラスも続きます!


20120815-091008-


20120815-091052-




メディアチームも!

20120815-090344-





IMG_9050


20120815-090515-








そして最後はスイーパー!

20120815-091141-










オフィシャルホテルから国境までは、ほんの6,7キロ。

島国に住む私たちにとって、陸路での国境越えはそれだけで大興奮のイベントです!!














そしてこれが、タイ-カンボジア国境です!

IMG_9064



車を国境越えさせるのは、事務的な手続きがイロイロとめんどくさそう。

そこらへんはラリーに参加しているからこその、車での国境越えです。


国境を越える前に、主催者からいろいろと注意事項を言われました(英語で)



車で国境を越えていいのは、ドライバーは一人だけ。

パスポートを持って乗ること。


サングラスをかけての運転はNG。

(一応、イミグレだからね)


とか、たぶんそんなことを言われていたような雰囲気。



ドライバー以外は歩いて国境越え。

ドライバー以外の私たちは、パスポートを持って、イミグレのオフィスで出入国の手続きを済ませて

カンボジア入りです!!





去年、メディアとして越えたこの国境を、1年後に競技者として越える。

とりあえず、ドライバーの川脇選手、井入選手の二人を、カンボジアまでは導くことが出来ました。


でも、競技まだ2日間あります。

今より上の順位に上がることは難しいかもしれないけど、今の順位から落ちるわけには行きません!



いや、あわよくば1つでも順位を上げたい!




ラリーがスタートする前は、とにかく「完走できれば」と言われていましたが、

ここまでのサポート体制と、

川脇選手、井入選手というオンロードとはいえスピード競技で有名なお二方をドライバーにして

どべ(関西弁で最下位)って訳には行かないのです!!








去年、メディアでコース入りしているので、カンボジア国内のコースの状況は少しは分りますが

競技者としては初。



残りの競技のことを思うと、陸路での国境越えを感慨深く思っている余裕は、ほとんどありませんでした。






















IMG_3881


イミグレを越えた先でラリーカーがやってくるのを待ちます。



IMG_3882

国境地帯には、国を行き来する地元の人たちでごった返しています。

IMG_3884




IMG_3888

カンボジア入国を印象付ける、アンコールワットを模したゲート!




そこをラリーカーが次々と通ります!









IMG_3902



IMG_3907


IMG_3912


IMG_3920


どことなく、誇らしげなラリーカーたち!




IMG_3924

チームトライアングルのラリーカー、なぜかポリス?に目をつけられている!?

IMG_3933


IMG_3942




IMG_3946



IMG_3948

サンダル履きにリヤカーで荷物を運んでいるけど、手には携帯電話!


IMG_3953






IMG_3956



IMG_3958




IMG_3966

川脇選手、初の車での国境越えにご満悦!!






IMG_3970

ガレージモンチの竹野選手も、去年は歩いて国境越えでしたが

今年は自ら作り上げたラリーカーを運転してのカンボジア入りです!





IMG_3978

一時はどうなることかと思われたガレージモンチのパジェロも、無事に国境越え!



IMG_9065



IMG_9071



全ての車両が出国を終えるまで、国境付近で待機!


IMG_7736



IMG_7745


IMG_7746


IMG_7748



この待ち時間を利用して、修理にいそしむトライアングルチーム!





IMG_7755





IMG_7767

吉野選手、割りばしで何をしているのでしょうか!?









IMG_7765

これは去年も見かけた強制送還のトラック。

政情を思うといろいろと切なくなるところですね。。。




IMG_7769





IMG_7770


IMG_7773


バイクも揃ったようです!

コンボイで、SS入り口に向かいます!!





Minako Nishinaaxcrコメント(1)トラックバック(0)  
カテゴリ: LEG4  Rally Report 

Rally Report 23 8/14 LEG3-8

私たちはこの先、どこへ向かって走ればいいの?

オーバービューマップがあれば、目指すべきゴールの方向はだいたい分かるのに、


このレグに限ってオーバービューマップが無い!!



DSC_2854~01
(参考) LEG3のオーバービューマップ



後で他のエントラントに聞いて分かったのですが、

このSS3の一部と昨日走ったSS2の一部が約10 ㎞弱に渡り同じ道だったのです!



P4050703 - コピー
LEG3

私もこのコマ図を見たときにデジャヴを感じたのですが・・・・





P4050694 - コピー
LEG2


LEG2にも同じようなコマ図があったよ!!



昨日と今日が同じドライバーだったら、

運転している当人は気付いたのかもしれませんが、

昨日のドライバーは川脇選手、今日は井入選手。



私が気付かなければ、ドライバーは気付かないでしょう。

そして、私は他の人に言われるまで、気がつきませんでした・・・


ちなみに、コースが重複しているところをチェックして見ると。。。。

同じだ!1
左がLEG2、右がLEG3






LEG3のコマ図を右に90度傾けると!
P4060730-2

同じだ!!

そして、その先のページは・・・

同じだ!2
左がLEG2、右がLEG3


同じだ!3
左がLEG2、右がLEG3

注意書きがちょっと違うけど、まったく同じだ~!!



同じだ!4
左がLEG2、右がLEG3

同じようで微妙に違う!

LEG3の上から3つ目のコマ、76.13㎞のカーブの感じとか!

その下の下、76.59㎞のコマも、

左だと突き当りを左に曲がった後で狭くなってるような絵になってるけど、

右側には無い!


同じだ!5
左がLEG2、右がLEG3

うーん。よく見比べてみると区間距離が微妙に違うなぁ~。



同じだ!6
左がLEG2、右がLEG3

同じようでちょっと違う!



同じだ!7

左がLEG2、右がLEG3

何とココでは、LEG2の3コマ目にあるコマ図が、

右のLEG3では抜けてる!!


コーション2「!!」なのに~!!





同じだ!8-1
左がLEG2、右がLEG3

一番上のコマの区間距離が微妙に違うのは誤差の範囲として~

その次の突き当りまでの距離が400m違う~!

さらにその先の十字路は同じ場所なのか違う場所なのか???

でも、私がデジャブを感じたコマ図までの総合区間距離は一緒だな~。謎。

この先も、大体同じようなコマ図が続き、

約16㎞に渡り、同じ道を走っていたことに!!





それにしても、同じコースだからって全く同じコマ図を

コピペで使っているわけではないのですね。

微妙に角度が違っていたり、省略されているコマ図があったり!



とにかく、そんな理由からオーバービューマップが無かったと思われます。

(オーバービューを見ると、昨日と同じところを走るって分かっちゃうから)

(そして、メディア用のコマ図にはオーバービューマップがあったらしい)





さて、これからどうしたものかと思っていると、後ろからバンディッドがやってきました。



b2dc674d-s[1]
LEG2

「とぅーうぃーる!とぅーうぃーる!」と言っています。



彼も、青木選手のトライトンと同様に二駆になってしまった様子。


道がない旨を話すと、バイクで通りかかった現地の人に何やら聞いています。


そして、ついてこい、と言って走り始めました。

どうやら現地の人から目指すべき方向の道を聞きだした様子。



二駆とは思えない速さで走っていくバンディットを

2台のトライトンと1台のパジェロが追いかけます。



バンディットのピックアップは、ハマッっていた所から少し引き返して右に曲がり、

そのまま道なりに走って村の中にのようなところに入っていくと、

いきなりフライングフィニッシュの看板が出てきました。



????


え!?ここがゴール?


ここからゴールまではあと50㎞以上もあるはずなのに????




訳も分からず、オフィシャルにタイムカードを渡してタイムを記入してもらうと、

216.43㎞のコマ図に、手書きでコマ図を書き加え、

P4060742

さらに217.11㎞で本来なら右に行くY字を直進し、

228.31のコマ図からサービスエリアを抜け、ホテルに行くように指示されました。




何があったのか分かりませんが、とにかく競技区間が短縮された様子。



この時点ではなぜ、競技区間が短縮されたのか私たちにはわかりませんでした。


コマ図が抜けていたための混乱により、短縮されたのか?ぐらいに思っていました。

しかし、後でわかったことですが、この先の川が増水して危険と判断されたための措置だったそうです。



ちなみに、私たちがレスキューを終え、バンディットとゴールに向けて走り去ったのちに、

青野選手・鶴山選手の操るトライアングル号がこの場所に来て、

運よく本来の道を見つけてオンコースを走って行ったものの、

私たちの時にいた短縮された位置でのゴールのスタッフがおらず、

そのままコマ図通りに走り、

危険と判断されて誰も渡っていない川を、単独で渡ったそうです。



その時の動画がコチラ。



Deep River crossing at SS3, LEG3 2012 AXCR
結構深そうだし、距離が長い!!




そして、コマ図通りに走ってゴールにたどり着いたあかしの写真がコチラ。




861801_557875237579174_1403752066_n[1]

18:05 唯一の完走チームがゴールしました!!




862731_557875240912507_2111448016_n[1]
鶴山選手のドヤ顔!!


唯一、本日のコースを完走したのがこのトライアングル号だったのでした!!





とにかく、昨日に引き続き今日も

「ゴォォォルゥゥゥ!」

という感じではなく、あっけなく終わってしまったのはちょっと残念でしたが、

もしあのタイミングでバンディットに会わなければ、

道を探して右往左往して、まだゴールも出来ていなかったのかもしれないのです。



とにかく、今日一日は無事に終わった。


明日につながる今日になった、とホッとしました。



ホテルに戻る途中のガソリンスタンドで給油。


20120814-193232-



20120814-193715-


20120814-193429-


20120814-193651-


20120814-193322-


20120814-193801-


クルマもドロドロですが、靴もドロドロ!!



DSC_1328

左から井入選手(ドライバーだったため一番汚れが少ない)

上は川脇選手、右がワタシ。

今日は泥遊びのいち日でした!




ホテルに戻ると他のラリーカー達も戻っていました。


20120814-201141-


20120814-201600-



20120814-201528-


20120814-201441-


20120814-201432-



みんな、右往左往して道を探して本来の道を見つけた様子。



DSC_1329


DSC_1330





DSC_1332



DSC_1331



ドロドロになったクルマをメカニックの人たちに任せ、

私たちはドロドロになった靴を水でジャバジャバと洗い、

あすのカンボジアへの国境越えへと備えます。


20120814-200402-


20120814-203858-


20120814-204608-

モンチパジェロも共にカンボジアへ!!









こんな風に困難なことがあった日のゴール後の宿泊地で、

あそこはどうだった?ここはどうだった?と話が出来るのも

共に同じ道を走ってきたコンペティター同士ならではです。

(私は靴を水洗いしたために、こんなカッコで失礼します)



20120814-202142-

どうやら、我がチームリーダー青木選手がスタックした175.01㎞のコマ図の1つ前に、

左に曲がるコマ図が抜けていたらしいことが判明。


チームナイランのナビゲーター、平賀選手は

コマ図の方向とプロトレック(腕時計)のコンパスを頼りに、

スーパーナビゲーションをしてオンコースへ戻ったとのこと。



さすがです!!!



とにかく、明日はカンボジア!!



去年、押しかけメディアとして通過した国境を、今年は競技者として通過できるのです!!!



カンボジアへ入ればラリーも終盤。


いよいよ、という気持ちです。


Minako Nishinaaxcrコメント(2)トラックバック(0)  
カテゴリ: Rally Report  LEG3