私たちはこの先、どこへ向かって走ればいいの?

オーバービューマップがあれば、目指すべきゴールの方向はだいたい分かるのに、


このレグに限ってオーバービューマップが無い!!



DSC_2854~01
(参考) LEG3のオーバービューマップ



後で他のエントラントに聞いて分かったのですが、

このSS3の一部と昨日走ったSS2の一部が約10 ㎞弱に渡り同じ道だったのです!



P4050703 - コピー
LEG3

私もこのコマ図を見たときにデジャヴを感じたのですが・・・・





P4050694 - コピー
LEG2


LEG2にも同じようなコマ図があったよ!!



昨日と今日が同じドライバーだったら、

運転している当人は気付いたのかもしれませんが、

昨日のドライバーは川脇選手、今日は井入選手。



私が気付かなければ、ドライバーは気付かないでしょう。

そして、私は他の人に言われるまで、気がつきませんでした・・・


ちなみに、コースが重複しているところをチェックして見ると。。。。

同じだ!1
左がLEG2、右がLEG3






LEG3のコマ図を右に90度傾けると!
P4060730-2

同じだ!!

そして、その先のページは・・・

同じだ!2
左がLEG2、右がLEG3


同じだ!3
左がLEG2、右がLEG3

注意書きがちょっと違うけど、まったく同じだ~!!



同じだ!4
左がLEG2、右がLEG3

同じようで微妙に違う!

LEG3の上から3つ目のコマ、76.13㎞のカーブの感じとか!

その下の下、76.59㎞のコマも、

左だと突き当りを左に曲がった後で狭くなってるような絵になってるけど、

右側には無い!


同じだ!5
左がLEG2、右がLEG3

うーん。よく見比べてみると区間距離が微妙に違うなぁ~。



同じだ!6
左がLEG2、右がLEG3

同じようでちょっと違う!



同じだ!7

左がLEG2、右がLEG3

何とココでは、LEG2の3コマ目にあるコマ図が、

右のLEG3では抜けてる!!


コーション2「!!」なのに~!!





同じだ!8-1
左がLEG2、右がLEG3

一番上のコマの区間距離が微妙に違うのは誤差の範囲として~

その次の突き当りまでの距離が400m違う~!

さらにその先の十字路は同じ場所なのか違う場所なのか???

でも、私がデジャブを感じたコマ図までの総合区間距離は一緒だな~。謎。

この先も、大体同じようなコマ図が続き、

約16㎞に渡り、同じ道を走っていたことに!!





それにしても、同じコースだからって全く同じコマ図を

コピペで使っているわけではないのですね。

微妙に角度が違っていたり、省略されているコマ図があったり!



とにかく、そんな理由からオーバービューマップが無かったと思われます。

(オーバービューを見ると、昨日と同じところを走るって分かっちゃうから)

(そして、メディア用のコマ図にはオーバービューマップがあったらしい)





さて、これからどうしたものかと思っていると、後ろからバンディッドがやってきました。



b2dc674d-s[1]
LEG2

「とぅーうぃーる!とぅーうぃーる!」と言っています。



彼も、青木選手のトライトンと同様に二駆になってしまった様子。


道がない旨を話すと、バイクで通りかかった現地の人に何やら聞いています。


そして、ついてこい、と言って走り始めました。

どうやら現地の人から目指すべき方向の道を聞きだした様子。



二駆とは思えない速さで走っていくバンディットを

2台のトライトンと1台のパジェロが追いかけます。



バンディットのピックアップは、ハマッっていた所から少し引き返して右に曲がり、

そのまま道なりに走って村の中にのようなところに入っていくと、

いきなりフライングフィニッシュの看板が出てきました。



????


え!?ここがゴール?


ここからゴールまではあと50㎞以上もあるはずなのに????




訳も分からず、オフィシャルにタイムカードを渡してタイムを記入してもらうと、

216.43㎞のコマ図に、手書きでコマ図を書き加え、

P4060742

さらに217.11㎞で本来なら右に行くY字を直進し、

228.31のコマ図からサービスエリアを抜け、ホテルに行くように指示されました。




何があったのか分かりませんが、とにかく競技区間が短縮された様子。



この時点ではなぜ、競技区間が短縮されたのか私たちにはわかりませんでした。


コマ図が抜けていたための混乱により、短縮されたのか?ぐらいに思っていました。

しかし、後でわかったことですが、この先の川が増水して危険と判断されたための措置だったそうです。



ちなみに、私たちがレスキューを終え、バンディットとゴールに向けて走り去ったのちに、

青野選手・鶴山選手の操るトライアングル号がこの場所に来て、

運よく本来の道を見つけてオンコースを走って行ったものの、

私たちの時にいた短縮された位置でのゴールのスタッフがおらず、

そのままコマ図通りに走り、

危険と判断されて誰も渡っていない川を、単独で渡ったそうです。



その時の動画がコチラ。



Deep River crossing at SS3, LEG3 2012 AXCR
結構深そうだし、距離が長い!!




そして、コマ図通りに走ってゴールにたどり着いたあかしの写真がコチラ。




861801_557875237579174_1403752066_n[1]

18:05 唯一の完走チームがゴールしました!!




862731_557875240912507_2111448016_n[1]
鶴山選手のドヤ顔!!


唯一、本日のコースを完走したのがこのトライアングル号だったのでした!!





とにかく、昨日に引き続き今日も

「ゴォォォルゥゥゥ!」

という感じではなく、あっけなく終わってしまったのはちょっと残念でしたが、

もしあのタイミングでバンディットに会わなければ、

道を探して右往左往して、まだゴールも出来ていなかったのかもしれないのです。



とにかく、今日一日は無事に終わった。


明日につながる今日になった、とホッとしました。



ホテルに戻る途中のガソリンスタンドで給油。


20120814-193232-



20120814-193715-


20120814-193429-


20120814-193651-


20120814-193322-


20120814-193801-


クルマもドロドロですが、靴もドロドロ!!



DSC_1328

左から井入選手(ドライバーだったため一番汚れが少ない)

上は川脇選手、右がワタシ。

今日は泥遊びのいち日でした!




ホテルに戻ると他のラリーカー達も戻っていました。


20120814-201141-


20120814-201600-



20120814-201528-


20120814-201441-


20120814-201432-



みんな、右往左往して道を探して本来の道を見つけた様子。



DSC_1329


DSC_1330





DSC_1332



DSC_1331



ドロドロになったクルマをメカニックの人たちに任せ、

私たちはドロドロになった靴を水でジャバジャバと洗い、

あすのカンボジアへの国境越えへと備えます。


20120814-200402-


20120814-203858-


20120814-204608-

モンチパジェロも共にカンボジアへ!!









こんな風に困難なことがあった日のゴール後の宿泊地で、

あそこはどうだった?ここはどうだった?と話が出来るのも

共に同じ道を走ってきたコンペティター同士ならではです。

(私は靴を水洗いしたために、こんなカッコで失礼します)



20120814-202142-

どうやら、我がチームリーダー青木選手がスタックした175.01㎞のコマ図の1つ前に、

左に曲がるコマ図が抜けていたらしいことが判明。


チームナイランのナビゲーター、平賀選手は

コマ図の方向とプロトレック(腕時計)のコンパスを頼りに、

スーパーナビゲーションをしてオンコースへ戻ったとのこと。



さすがです!!!



とにかく、明日はカンボジア!!



去年、押しかけメディアとして通過した国境を、今年は競技者として通過できるのです!!!



カンボジアへ入ればラリーも終盤。


いよいよ、という気持ちです。