SS4のほぼ中間地点にある、75.1km地点のPCに私たちのトライトンが飛び込むと、

そのすぐ先にメカニックが待機してくれていて、クルマの状態をチェック!


SS前半で「穴です!穴!!」と言い続けた私、

この埃っぽさもあって、のどが渇くこと!

サービスからペットボトルのミネラルウォーターを受け取ると(サービスのみなさんありがとう)

飲むというより、流し込む感じで水分補給!


そして、水分補給した後は・・・・!!?

競技中にトイレに行くわけにもいかないので、このタイミングで行っておきたいところ。

また、この穴に落ちたときのドカンドカンいう衝撃が、尿意を誘う。。。



男性だったらそこらへんでもかまわないでしょうが、女性の私としてはできればそれは避けたい。

(もちろん、いざとなったら厭いませんが!!)

道の向こうの民家に駆け込み、タイ語で

「トイレを貸してください」

と言ってはみたものの全く通じません!


タイとカンボジアは陸続きだし、ちょっとぐらいならタイ語が通じるだろうと思っていたら大間違い!!

(国境の町だったら通じると思うけど)

そこは、得意のボディランゲッジと片言の英語でなんとか目的を達成!

時間に追われたラリーの最中で、躊躇なんかしてられないのです!!



次のPCに遅れないように時間を調整しながら、ギリギリまで整備をしてリスタートです!








SS4のゴール付近はこんな感じ!

ここはもう、アンコール遺跡群の中です。




DSCN3317






IMG_8052




DSCN3318

#5 MAXXIS N MOTORSPORT ISUZU

Wichai WATTANAWISUTH&Thayapat MEENIL選手








#22 TEAM NAIRAN
Yoshiro ITO&Takeshi HIRAKA選手!

IMG_8055

先ほどのPC-STOPから何台か抜いてきたようです!


DSCN3323



IMG_8059




IMG_8062

平賀選手、笑顔でピースです!

伊藤選手は「やれやれ」といったところでしょうか!








IMG_8065

#3 takuma-gp

Takuma AOKI&Kastsuhiko SHIINE&Ittipon SIMARAKS選手




DSCN3331




そして次にやってきたのは~!!!















IMG_8069


農作物を載せたトラック!

荷台に積んだ農作物の上に乗っている人のように、目だけを出して布で覆うのは

タイでもよく見られたスタイルです!


しかし、競技中には遭遇するのは遠慮したい!










IMG_8070


#17 TEAM INNO
Shoji KATSUMATA&Masayuki FUKANO選手!



IMG_8074 - コピー

リヤの部分から、なにか飛び出しちゃってますが、コレはいったい???

ショックアブソーバーが折れたのでしょうか?






次に来たのは#18 Michihiro ASAI&Koji WAKUTA選手!

IMG_8076




DSCN3334



浅井選手操るこのパジェロ、カンボジアステージで威力を発揮!

後半のSSで、私たちのトライトンが穴を避けながらスピードを出し過ぎないように、

それでもドッカンドッカン言いながら走っている脇を

まるで、穴など無いかのごとく、フラットダートを走るようにスイスイと抜き去っていったのです!!!


しかし車を襲う衝撃はものすごく、ハンドルポストが外れ、

落ちたハンドルを膝で押さえながらのドライビングだったとのこと!

それでもこの順位。

さすがです!



その浅井選手を追いかけてゴールした我がトライトン!

#19 Two & four asian rally team
Hiroyuki IIRI/Kazuteru KAWAWAKI / Minako NISHINA


IMG_8080





SS4では他のラリーカーを何台か抜いてのゴール!

さすが元ジムカーナチャンピオンの川脇選手。

慣れないオフロードコース、しかも凶悪な穴ぼこだらけのカンボジアでしたが、

このアジアンラリー最後のドライビングとなる今日はアグレッシブな走りを見せ付けました!

(私たちのラリーカーのドライバーは川脇選手と井入選手の二人。運転席に座るのは1日交代)


今日の走りで順位を上げたことは確実か?リザルトが楽しみなところ!

ミスコースもスタックも大きなトラブルもなかったしね!







IMG_8084






IMG_8088
#14 MAXXIS N MOTORSPORT ISUZU

Sarun YOOSOOK&Ekachai PANPHIAN選手!









さきほどより、だいぶ順位を落としてしまいました!








IMG_8091

こちら、ゴール付近で車を待つD-MAXのメカニック!






次に来たのは#11  Bandit PANTHITA&Anuraks Tosri選手!

IMG_8093



IMG_8097


IMG_8098


フロントドライブは直ったのでしょうか!?







そして、我がチームリーダ!!

#15 Two & four asian rally team
AOKITakatsugu AOKI&Roslyn SHEN 選手

IMG_8101



IMG_8106


赤い弾丸!赤いトライトン!!

SS前半ではマシントラブルにより順位を落としましたが、

信じられないような速さで何台も追い抜いて走ってきました!


こんな車のナビをしているRoslyn SHEN選手はすごい!!








IMG_8116


IMG_8122


#23 Garage-monchi world rally team

Satoshi TAKENO&Naoyuki YANAGAWA選手!



カンボジアの過酷な路面にジムニーは何とか耐えてくれたようです!

フロントホーシングが曲がりタイヤアライメントがハの字になりながらのゴールです!





と、ラリーカーがゴールに入ってくる流れが、一時収まったところで



ゴール付近で待機していた自転車がコースを逆走!


IMG_8123


次々と・・・・・

IMG_8126



次々次々と・・・・・

IMG_8127

次々次々次々と・・・


IMG_8128



競技じゃなくても、こんなところを逆走したくない!


アジアンラリーは完全なクローズドのコースではないだけに、

ドライバーにはさらなるテクニックが要求されるところです!


#8 SHOW AIKAWA WORLD RALLY TEAM
AIKAWA Show&Sadatoshi ANDO 選手


IMG_8131




IMG_8136


続いて


#16 SHOW AIKAWA WORLD RALLY TEAM2号車!
TERADAMasahiro &Tetsuro CHIHARADA選手!
IMG_8143


IMG_8145





#7 WICHAWAT CHOTIRAVEE
Wichawat CHOTIRAVEE&Thanachok SANSAWAT選手!

IMG_8146


IMG_8149



IMG_8152

#7も、先ほどよりだいぶ順位を落としてしまいました!








IMG_8158



IMG_8163
#20 SA KAEO OFF ROAD

Songyos THIENTHONG  Nopporn JANGBUMRUNG選手!




(↑犬ミサイルも見られます)





車の調子が悪く、ぼよんぼよんしているようですが・・・・


IMG_8165


あれれ??



IMG_8165 - コピー

なんとラテララルロッドがまっぷたつ!!









どの地点で折れたのかは分りませんが、よくぞゴールにたどり着きました!






IMG_8166







IMG_8180
#6 MAXXIS N MOTORSPORT ISUZU
Sanjay TAKLE&Musa SHERIF 選手

T2Dクラスでチームナイランと争っています!




コースに入っていたメディアのランクルも戻ってきました!

IMG_8190


村松氏、満面の笑みです。

いい映像が撮れたのでしょうか!?

IMG_8196






メディアの後ろを追いかけてきたのは

#21 Garage-monchi world rally team!

Fumikatsu NISHIMURA/Massahiro MITIHATA/Eri IHARA選手!



IMG_8200


IMG_8201







IMG_8204

今日のカンボジアステージは井原選手がナビゲーター!


IMG_8203

ラリーを楽しんでいる様子です!











IMG_8205

サードシートの道畑選手はグロッキー!?

ゴールするなり、濡らしたタオルで頭を冷やしています!


カンボジアの凸凹道、マシーンにダメージを追っているパジェロのサードシートはかなりキツかった模様!







IMG_8207



IMG_8210






IMG_8212


IMG_8214


バイクチームも次々ゴール!





IMG_8216



IMG_8220


アドベンチャークラスもゴール!

実はこの車両、メディアチームとして参加してい る伊藤玲さんが、

以前アジアンラリーに参戦したときに使った車両とのことです!






DSCN3367


この時点で、チームトライアングルの2台はまだゴールしていません!

なんと、#9 TEAM TRYANGLE☆LRB1号車の青野選手と鶴山選手、

ゴールまで30km地点ぐらいでラリーカーのフロアがガチャガチャ音がしだし、

止まって確認したところ、何と8箇所中6箇所のボ ディーマウントが外れ、

マウントボルトも5個無くなっているのを発見!


装備していたラチェットベルト4本でフレームとボディを固定して時速10キロ程度で 村の中を走りぬけ

真っ暗な中、アンコールワットも見ることなく、2人乗りのカブに追い越されたりもしながら

やっとのことでゴールまでたどり着きました!


残ったマウントボルトがフロントグリル下の2つだったそうで、

ボディとフレームが離れてしまいカスタネットのような状態での走行 だったそう。

青野選手いわく

.


「ラチェットベルト最高!」




過酷なカンボジアステージ、どの車も満身創痍でのSSゴールとなったようです。