SSゴールからホテルまでは僅か15km弱。


 走り始めるとすぐにアンコールの遺跡群が現れました!

DSC_1340


ここはオンコース!

IMGP2612


このゲートをくぐってホテルに向かうのです。




これは、AXCR2012のルートブックの表紙にもなっているバイヨン寺院を守る門のひとつ。

P5150790




DSC_1346

浅井選手のパジェロも合流!




DSC_1341

#14 MAXXIS N MOTORSPORT ISUZU

Sarun YOOSOOK&Ekachai PANPHIAN選手!





我がチームリーダー、青木選手とRoslyn 選手もやってきました!



DSC_1349

世界遺産の門を次々とラリーカーがくぐって行きます!





 そして、バイヨン寺院!






DSC_1350



IMGP2616

SS終了してからホテルに戻るまではターゲットタイムが設定されていて

その時間をオーバーするとペナルティとなるので(早い分には問題なし)、

時間を気にしながらの記念撮影です!








 この遺跡群、コマ図にもちゃんと書いてあるところがテンションがあがります!!



P5150791




そして、アンコールワットを左手に見ながらホテルへと向かいます。

IMGP2617

遠くに見えるのはアンコールワット!




カンボジアのオフィシャルホテルはCITY ANGKOR HOTEL



IMG_8238



DSCN3430










 その駐車場には満身創痍の車たち。




DSC_1354



各車両、整備に取り掛かっています。






DSCN3408






DSCN3447



DSCN3462


DSCN3452



DSCN3460







DSCN3423






DSCN3424


IMG_8232





DSCN3415




DSCN3414


この24の数字の入ったTシャツを着ているのは、青木拓磨選手のメカニック!

他のチームのメンテナンスの様子を伺いに来ているのでしょうか!?



IMG_8227


#1のラリーカーは、足回りを全部交換するようです!


IMG_8228




IMG_8225

足回りにダメージを受けていマシーンが多いようですね!






IMG_8224




DSCN3457

DSCN3456

モンチジムニー、なんだか、車高も低くなったような~?

しかし、修理は終了!





DSCN3448

チームナイランもすでに修理を終えたようです。








IMG_8226



IMG_8243

バイクチーム、日本からの参加者は「チームジャパン」でテントを出していましたよ!






こちら、ボディマウントが外れ、応急処置してやっとの思いでホテルに戻った

#9 鶴山選手、青野選手のチームトライアングル1号車!


IMG_8267


#5 アジアンラリーの仙人こと、Wichaiさんのメカニックのかたが、

#9のラリーカーのボディーマウントの修理をしてくれています。



ドアノブの下のオレンジの紐がラチェットベルト。

ゼッケンの下に見える、黄色の紐も、ラチェットベルトのようです。







IMG_8276


↑コレハナニ?











私たちのラリーカーはタービンのガスケットが抜けていましたが、

それ以外に大きなトラブルはなかった模様。

あれだけガッツンガッツン走っても大丈夫だなんて、よく出来たラリーカーです!!!

IMG_4058







IMG_4062





車を修理してもらっている間、川脇選手と井入選手にホテルのロビーで突撃インタビュー!


カンボジア・インタビュー




仁科「カンボジアに入ってLEG4終わりましたね!川脇選手、運転お疲れさまでした!今日のSSはどうでしたか?」


川脇「いや~、想像以上でした!」


仁科「何が想像以上でしたか?」


川脇「穴、穴、穴っていうのはタイでも十分経験していて、カンボジアはそれよりちょっとひどいぐらいかなって思ってたんだけど、その穴が想像以上でした。むちゃくちゃ数があって、何個なんねん!って。もう穴はええわ!(笑)」


仁科「今日のコースは、本当に穴だらけでしたね。穴のコースってどう思いますか?」


川脇「これは根性が要りますねぇ。見えない場所にある穴がどんだけ深いか、どこにあるのか分からへんから。僕はもう、今日のあれは限界かと思ったよ。でも、限界を感じてビビってるんだけど、だんだん慣れてきて楽しくなってきたよね」。


仁科「楽しい?」


川脇「そう。どんどんイケイケになってくるんですよ」。


仁科「競技の最中でサードシートの井入選手から、『もっと抑えたほうがいい』って何回かありましたが」


川脇「前半は、井入さんに『スピード出すぎちゃいますか?』言われて『あぁ、言ってくれてる、そのとうりやわ、抑えなきゃあかん』って思ってた。でも後半はね、自分の中で『まだ行けんのに、まだ行けんのに』って気持ちが出てきたな。でも抑えてもらったぐらいが、ちょうど良い所やったと思うし。自分のスキルがまだそんなに上がってないのに、感覚だけがあがっていってて。そんなのがあるんかなって思うわ。」


井入「運転も慣れてくるし、衝撃の合わせ方もだんだん慣れてくるんでしょうね。だからついつい行っちゃうんでしょうけど」。


川脇「それで、クルマを壊したらアカンよね」


井入「サードシートから川脇さんの運転、見てたらよく分かるから。クルマのはね方とか衝撃の来かたとか、限界超えそうやなってときは、やっぱり言った方がええかなってのもあったし。自分はイケルと思っても、クルマが行けない時もあるし、ちょうどええとこかな。人は慣れてもクルマは慣れてこないからな。」。


仁科「なるほどね」。


井入「それと、二人・三人で1つの車に乗ってるから、それが抑止力になってええんやね。一人だったら行けるところまで行ってまえ、ってなるからね。それはやっぱりドライバーの性やね」。


仁科「それはドライバー根性ってやつですね」


井入「もう、ひっくり返っても自分だけだったらええわ、みたいな」







川脇「あとは、こぶを超えるときにドライバーは楽な方に行きたがるんですね」。


仁科「楽な方へって?」


川脇「助手席の方ばっかりボンボン跳ねるようなラインどりね」。


仁科「え、そうでしたか!?気がつかなかった~」



川脇「実はその件に関してはチームリーダーの青木さんに話を聞いていたんですよ。どうしてもドライバーは自分が楽な方に行って、ナビを跳ばしてしてまう、って。ちょっとそれを思い出して、途中から変えたんです」。


井入「あんまり変わって無かったで!(笑)。」


川脇「うーん。そかな(笑)」


井入「まぁ、ホンマにヤバいってなったら本性で楽な方へいってまうわな」


川脇「ニシナごめんやでーってな。(笑)」





仁科「井入選手、今日のサードシートはどうでしたか?」


井入「今日のサードシートはきつかたですね」


仁科「もう、罰ゲームですね。何か悪いことしましたか!?(笑)」


井入「カンボジアのイメージ悪くなりましたわ(笑)。今日は尋常じゃない衝撃でしたね。3人でやる競技じゃないですね。(笑)」


仁科「3人目は乗っちゃダメ?」


川脇「ドライバ/ナビシートは、サードシートに比べて衝撃が全然少ないんですよ。楽なの。だから、まだ行こう!って思うけど。でも後ろはね。昨日僕も後ろに乗っていて、限界って思ったから、井入さん今日は本当にきつかったと思うで」


井入「運転するより、後ろ乗るほうがしんどい」


川脇「確かに。(笑)」








井入「今日のSSで、他のチームはサスペンション類にトラブルが出ている所が多いみたいですね」。


仁科「え!?うちは大丈夫?」


井入「うちは大丈夫!」


川脇「タービンのガスケットが抜けただけやな」。


井入「せやな。あれも振動でな。でも、基本的にクルマは壊れてないよね」


川脇「しかし、ホンマ想像以上やったね」


仁科「川脇選手、前にクルマが見えるとスピード上がってましたよね(笑)」


井入「僕ら、職業病で運転している人の癖を見るんですよ。レースって抜かなあかんから、前の車の癖を見とかんと抜けへんやろ。川脇さんの癖は、前にクルマがいたりギャラリーがいたりすると、頑張っちゃう(笑)」。


川脇「それはあるかもな(笑)


井入「まぁまぁ無事に戻ってこられたし」。


仁科「そうですよね!成績もそこそこ良かったしね。明日の最終日、よろしくお願いします!」






4日間、同じラリーカーで過ごした私たち3人、日を追うごとにチームワークもますますよくなってきた感じ!





その後、私とロスリンは部屋にマッサージを呼んで、最終日の明日に備えてリラックスタイム!!




DSC_1389

↑偶然撮ってしまったベッドの写真。荷物が散らかってます。。。。




ここまでの疲れでマッサージを受けている間に爆睡してしまい、

ロスリン選手に「ミナコサーン!ミナコサーン!」と起こされました^^;







夜が更けても、メンテナンスは続いています。


こちらは#11 Banditのラリーカー!

ラリーカーの向こうに見える、背中はもしや!?

IMG_8266


やはりその人、Bandit!

IMG_4068

上半身裸で整備にいそしむ姿は毎年のこと!



ラリー期間中はホテルで寝るより、整備しながら外で寝ることのほうが多いかも!?

ある年のラリーでは、整備が終わった後、ホテルの部屋にたどりつくことが出来ず

ロビーで寝ていた姿を目撃されています!


こうしてLeg4の夜は暮れていきました。。。。。




明日はいよいよ最終日です!