ASIA CROSS COUNTRY RALLY 2012 アジアクロスカントリーラリー AXCR2012

アジアクロスカントリーラリー2012 に関する情報を発信しています!

カテゴリ:ガレージモンチ

ガレージモンチ 竹野選手インタビュー

ガレージモンチの社長、竹野選手。


去年、アジアンラリーのアドベンチャークラスに参戦。

BlogPaint
AXCR2011




車両トラブルに何度も見舞われながらも、
ラリー2日目には、翌年である今年のアジアンラリーに
競技者として参戦することを宣言していました!


その宣言通り、今年のアジアンラリーに柳川選手とジムニーでエントリーします!


58b85fb3[1]







0325T-1-088
TRYANGLE2012 柳川選手と竹野選手




その竹野選手に「ガレージモンチ」についてインタビューしてきました!


ニシナ「竹野さんは元々ディーラーで働いていたと伺いましたが、
どうして自動車の道を選んだのですか?」



竹野「実は、高校を卒業する時に調理師になろうと思っていたんですが、
その2週間前になって『あ、これちがうな、やっぱりクルマにしよう』って思って変えたんです」。

ニシナ「…。それは進路指導の先生に怒られたでしょうねェ。
でもそこで進路をクルマ関係に変えた理由は?」



竹野「モノ作りが好きなんですよ。モノを作りたい、
それを人に見て欲しい、喜んで欲しいって気持ちがあって。
それで整備士になるって思って」。



ニシナ「そうだったんですか」。

竹野「それでトヨタの専門学校に進学して、
卒業してからはトヨタビスタに入りました。
それと同時にミニクーパーのお店をやっている人と知り合いになりました。

そこで『バイトしてくれへんか』って言われて。
僕は整備士の免許を取っただけで、何も出来ないので
お金はいらないから、仕事終わってから勉強も兼ねて
修理の手伝いをさせてってくださいってお願いしたんです。

クルマの修理って数をさわらないとダメだから。

だから、ビスタが終わって帰ってきてから12時ぐらいまで
ミニのお店で働いていました。




ニシナ「どれくらいの期間、続けたんですか?」。

竹野「5年ぐらい続けましたね。

そのときに、向うの人が『お金受け取らないんだったら、
レースカー1台あげるから好きなようにしな。部品は供給してあげるから』
って言ってくれて。それでミニのレースに出るようになりました。

富士のスピードウェイもセントラルサーキットも走ったし。

本当にありがたかったですね」。





ニシナ「そして、独立してガレージモンチを立ち上げたわけですね」。

IMG_3080


竹野「ビスタには7年お世話になりました。
いい先輩がいていろいろと技術を教えてもらいました。

でも、自分は『みんなが集まりやすい場所を作りたい』って思っていたんです。

僕自身もそんな環境を作ってもらっていたから。

みんなが『ただいま』って帰ってこられる場所を、作りたかったんです」。

ニシナ「どうしてですか?」


竹野「遊びをするにしても、何をするにしても、1人では何もできないでしょ。
1人よりも2人、2人よりも10人、10人よりも100人いたら、
やれることの枠が広がってくる。

それに、その子らがしたいと思っているこがあったとしても、
思っているだけではなかなか実現できないけど、
それを仲間に話してくれれば『ほな、僕も一緒にやるわ』って、
もっと膨らませることもできるし。

そのためには人のつながりが必要かなって」。



そうしてガレージモンチを立ち上げて11年。


今では、竹野さんの思いのとおり「ただいま」と帰ってくる
常連のお客さんや、ワンコやヤギや金魚や小鳥たちでにぎわうお店となっています!

IMG_3093


IMG_3094



竹野「うちはジムニー屋ちゃうでー!
どんな車種でも対応しますよ!

クルマのことで何かありましたら、ぜひガレージモンチへ!」


IMG_3102

ガレージモンチのシャッターに書かれた名言です!

Minako Nishinaaxcrコメント(57)トラックバック(0)  
カテゴリ: ガレージモンチ  インタビュー 

ガレージモンチ 西村選手インタビュー

一昨年のトライアングルジャパンファイナルアンダークラスで優勝し、

BlogPaint
TRYANGLE2010 ジャパンファイナル




去年のアジアンラリースポーツクラスに参戦。

BlogPaint
AXCR2011






そして今年のラリーに参戦するガレージモンチ西村選手!


西村選手が駆るのは09、10、11とチームトライアングルがアジアンラリーで走り抜けたパジェロ。
このパジェロを譲り受けて、12年のラリーに参戦します!!



IMG_8898
AXCR2011 TEAM TRYANGLE 





その西村選手に、参戦車両のパジェロについてインタビューしてきました~!



ニシナ「西村選手は今年のアジアンラリーに参戦するために
2009年から2011年と3年連続でアジアンラリーを完走したパジェロを引き取ったわけですが、
このパジェロの整備はどんなことをしているのですか?」


西村「足回りを全部変えています。ナックルとベアリングとトーションバーと。
足がハの字に曲がっていたので、そこら辺を新品に替えました」。


ニシナ「確かに、去年の最後のSSではハの字のまま走っていましたね…」。


IMG_8583
AXCR2011 TEAM TRYANGLE 最終SS




西村「それからパジェロのフェンダーがベコベコだったので、
引っ張ってもらって直してもらったり、ライトも割れていたから新品に替えたし、
ライト周りも新しくしました」。


IMG_4547
ボディの修理にあたってくれた大修自動車さん。




ニシナ「その他には?」


西村「あと、グリルの部分に色を塗ったよ。ココは、おれのコダワリね。
一番の上出来なところ(笑)。フロントのバンパーも色を変えて。
タイヤも変えたよ。このホイール見てよ。素敵でしょ?。これは色を塗っただけ(笑)」。


IMG_4540


ニシナ「もしかして、このダクトは?」


西村「素敵でしょ?。テープ巻いただけ(笑)」。


ニシナ「このマッドガードは?」


西村「これは作りました!。
それからリヤのバンパーも凹んでいたので変えました。
リヤクオーターのガラスのシートも張り直しました」。


ニシナ「これらは全部自分で?」。

西村「そう。これは一人で夜な夜な2時までかかってやりました。毎晩ね~」。



SH3J02340001SH3J02330001


ニシナ「それは大変でしたね~。その他に作ったところは?」

西村「ボンネットを缶スプレーで塗りました!

これも僕一人で塗りましたよ。イメージは九州男児のランクル80です!」


IMG_4529
このジオランダーのステッカーも九州男児を意識しているそうです。



IMG_4537
スポンサーの数々。




ニシナ「エンジンルームは何をしましたか?」


西村「エンジンルーム内はこれから修理します」。


ニシナ「何をする予定ですか?」

西村「オイル漏れを直すのと、
水漏れも発見されたのでラジエーターも修理に出します。
それからベルト類を新品に替えるのと、電機系の配線もやり直します」。


ニシナ「ずいぶんとやることがあるんですね~」。




西村「去年、このラリーカーで走った方々がどこかにぶつけてきたらしく、
ショートしてしまって…」。


ニシナ「原因は分かったのですか?」

西村「これまた、夜な夜などこが切れているのか、原因の場所を探しましたよ!。
で、左のフェンダーの中でボディーにハーネスが溶着しているのを見つけました!
それで電機系がショートしてしまっていたんです。それはもう直しました~」。


ニシナ「いろいろと大変でしたね。今後は?」。


西村「ロールケージをFIAの基準に合うように直すっていう、
結構大がかりな作業が残っています。でも、取りあえず外装はほぼ完成!」


ニシナ「本当にきれいになりましたね」。

西村「でしょ。あとはフロントのところにフォグを着けます」。


ニシナ「それも九州男児のランクル80風に?」。


西村「いや、それとは違う位置ですから!」


ニシナ「っていうか、良く見てるね~」。


西村「去年のラリーのDVDは200回ぐらい見たかな(笑)。

アジアクロスカントリーラリー2011 [DVD]
アジアクロスカントリーラリー2011 [DVD]

仕事の車の中で流しっぱなしだから。

DVDの台詞も言えるし、ナレーターもいらないよ!


ちなみに一番好きなところはカンボジアのところ。
青木選手とラタポ選手と九州男児が並んで走ってきている所なんかね」。


IMG_8806-1
AXCR2011

ニシナ「ラリーにかける情熱がアツイですね~」。

西村「九州男児の森川さんがゴールした時の台詞がコレまた良かったね!
ナビゲーターを信じて走るってことを言っていたんだけど、
まさしくラリーって感じで。

本当にあれは良いシーンだったよ」。


ニシナ「今年のラリーでは、西村選手自身がその立場になるわけですね!」


と、そこへガレージモンチの竹野社長が乱入!
今年、同じくアジアンラリーにジムニーで参戦する竹野選手が

「お前には負けへんで~!」とパンチ一発!!(仕込みです)

IMG_4517


と、こんな感じでガレージモンチで楽しくラリーカーを作っています。

準備段階から始めた2012年のアジアンラリー。
西村選手にとって、今年のラリーはDVDの感動以上のものになるでしょう!!




Minako Nishinaaxcrコメント(0)トラックバック(0)  
カテゴリ: ガレージモンチ  インタビュー 

MICCHI!オートサービスの道畑選手インタビュー

MICCHI!オートサービスのミッチこと道畑さん。


クルマで走るのも、乗るのも好きだった道畑さんは
高校を卒業してトヨタの専門学校へ。


卒業後、トヨタのディーラー、フランチャイズの車検屋さんを経て、
MICCHI!オートサービスと、ずっとクルマの仕事をしてきています。


その道畑さんにインタビュー!



BlogPaint




仁科「今年初めてのアジアンラリー参戦ですね。
今までで、レースの参戦経験は?」


道畑「トライアングルに参戦したり、カートのレースをやったりしています」。



仁科「どうしてアジアンラリーに出ようと思ったんですか?」


道畑「アジアンラリーに参戦するって、仲間内で話が出たときに、
『面白そうだな、混ぜてください!』って僕が言ったんです。
4×4マガジンでアジアンラリーの記事は以前から見ていたからね」。






仁科「ラリーカーのパジェロの状態はどうですか?」


IMG_4511


道畑「パジェロもいじりたいけど、今はなかなか時間が取れなくて…。
でも、4月からもっと手を入れていきたいと思っていますよ!」



仁科「今後の予定は?」


道畑「壊れないように、安心して乗れるように作っていきたいですね。
始めて参戦するんで、ちゃんと完走出来るようにね。
ラリコンのセットアップなんかもしないとですね」。






四日市のジャンレノこと道畑さん。


クルマのメカにも強いから、毎日の整備が必要な
ラリー中でも頼もしい活躍が期待出来ますね!


初めてのラリーをぜひ楽しんでくださいね!

Minako Nishinaaxcrコメント(2)トラックバック(0)  
カテゴリ: インタビュー  ガレージモンチ 

ガレージモンチ 柳川選手インタビュー!

去年、ガレージモンチの仲間と共にアドベンチャークラスに参加し、
ラリーの面白さを知ってしまった柳川選手。

BlogPaint
AXCR2011




なんと今年は、ガレージモンチの竹野選手と組んで、
競技者としてエントリーします!!

0325T-1-088
TRYANGLE2012 柳川選手と竹野選手





その柳川君に、インタビューしてきましたよ~!





仁科「そもそも、どうして車に興味を持ち始めたのですか?」

柳川「車の免許を取りに行ってた時に、仮免許でオカンを助手席に乗せて、
車の運転の練習をしたんですよ。


そうしたら、最初に言われたのが


『前と後ろを3:7で見て、絶対に後ろに抜かれたらアカン!抜かれるな!!』って。

その他にも『ラインがおかしい』とか言われたんです。


それまで僕が車に全く興味を持っていなかったので、
そんな話もしたことも無かったんですが、
実はうちのオカンは結婚する前は鈴鹿のサーキットでレースに参戦してたんです。


その時、初めてオカンのそんな面を知りました。

それに父親のお兄さんは国内をギャランで走るラリーの参戦してたりとか」。

仁科「身近に車のレース関係の人が沢山いたんですね。
それにしてもお母さんが鈴鹿ですか!カッコイイ!!」




柳川「それで車に興味を持ち始めて、大学に入って自動車部を立ち上げて。

パイロンジムカーナから始まり、いろいろやっていました」。



仁科「ちなみにその時、オフロードに興味はあったのですか?」

柳川「オンロードのみで、オフロードには全く無かったな。
レビンとシビックとかで走ってたんで、車高の高い車はカッコ悪いって思ってた(笑)。


で、『これはいけるぞ!』って思って大学を辞めて、トヨタの専門学校に行きました。」


仁科「えぇ~!大学を辞めちゃったの?」


柳川「思い立ったらすぐな人なもんで(笑)。
専門学校を卒業して整備士になり、トヨタのディーラーに入りメカニックをやっていました」。



仁科「整備士だったんですか!」



柳川「そうなんですよ。

トヨタ店だったのでランクルとかセルシオとかをいじっていたんだけど、
やっぱりランクルは好きになれなくて。


タイヤは重たいし車高は高いし、ホイールナットのサイズも違うし(笑)」。



仁科「その頃もジムカーナはやっていたのですか?」


柳川「やってましたよ!トヨタのつなぎを着て、シビックのタイプRで出てました!」



仁科「でも、今は整備士じゃないですよね?」


柳川「トヨタのフロントになれって言われて…。
俺は職人でありたいから『そんなの嫌や!』って辞めてしまったんです。

で、今は鉄工所で働いています」。



仁科「かなり大きな仕事をしているって聞きましたが?」


柳川「直径3m、高さ20mのタンクをたった一人で1週間寝ずに作ったり。
その時は死ぬかと思いました(笑)

あとは、直径が20mのタンクとか。


大きいものが好きだけど、1/100mmの精度の精密機械を作りますよ!


その他にも、溶接の指導をしに外国に行ったり、
お客さんと話しながら設計もするし図面も書くし、自ら作ったり」。



仁科「一人で全部やっちゃうんだ」。


柳川「全部、自分でやりたいんですよ。僕。」




仁科「それで、ガレージモンチのと出会いは?」


柳川「レビンで走っていたら、マフラーが突然落ちたんですよ。


で、どうしようかなって思っていたら、
目の前に会ったのがガレージモンチだったんです。


でもオープンしたてで看板も無かったから、
その時は、絶対ここはクルマ屋じゃないって思っていましたけどね」。


IMG_3080
今は看板がありますよ!


仁科「マフラーが落ちたことが運命の出会いだったわけですね」。


柳川「そうなんですよ。なんか気があっちゃって…。
ガレージモンチのみんながジムニーに乗っていたんで、
その影響で僕もジムニーに乗り始めて。


初めは山や川で遊んでいて『面白いな~』って思っていたんだけど、
そのうち『レースやろうよ』って話になって。


そして、何の予備知識もなくいきなりトライアングルに参戦しました」。


0325T-1-342
TRYANGLE2012



仁科「そして去年は、アジアンラリーのアドベンチャークラスに参戦し、
今年はコンペティターで参戦、と」。


柳川「そうなんです。思い立ったらすぐな人なもんで(笑)」。



仁科「アドベンチャークラスで参戦してみて、どうでしたか?」。


柳川「竹野さんがドライバーで、僕がナビだった時に、
なんかこうピン!としっくりくるものがあって。


競技に参戦している人から見たら遊びみたいなもんかもしれないけど。

これはハマったぞ、かみ合ったぞ、これはイケルと思いました」。


DSC04463
AXCR2011 アドベンチャークラス



仁科「でも、ドライバーではなく、ナビに?」


柳川「僕は運転する方が好きだったんですが、ナビって面白いですよね。
目的地に連れて行けるのはナビのおかげなんだよって」。



仁科「では、今年のレースではナビ専門?」。


柳川「まぁ、竹野さんと相談して。疲れ加減とかによりね。

なんか僕は派手なことが好きなんだけど、
裏方的なことにピンと来たのは珍しいです」。





仁科「今年のアジアンラリー、楽しみですね」。


柳川「楽しみで楽しみで。考えるたびにワクワクして」。





仁科「ラリーカーも自分達で作っているんですよね?」。


柳川「ジムニーで作っています。


6e944f35[1]



部品作りながらも『うわー、これ走ったらどうしようって』ワクワクして。


昨日もフロントのバンパー取り付けたりしたんだけど、
取り付けしながらニコニコしてしまって。


これが走ったらどうなるんだろうって想像するとね」。





仁科「クルマ作りから楽しんでいるんですね」。


柳川「もう、楽しみしかないです。
楽しみすぎて何していいかわからないぐらい!

バンパーつけながらニヤニヤして(笑)。

必要以上に仕上げこだわったりしてね。


今年のラリーは盛り上げますよ!」。



元水球部、焼けた肌に白い歯がまぶしい柳川選手!

ガレージモンチの仲間と共に

ラリーを盛り上げてくれること間違いなしでしょう!!

Minako Nishinaaxcrコメント(3)トラックバック(0)  
カテゴリ: ガレージモンチ  インタビュー 

ガレージモンチに行ってきました!

ガレージモンチに行ってラリーカーのパジェロの進捗状況を見てきました!




20120407ガレージモンチ!

とりあえず、動画だけアップ!

Minako Nishinaaxcrコメント(0)トラックバック(0)  
カテゴリ: ガレージモンチ  AXCR2012